プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道しるべ   【2016年9月追記あり】 

受験シーズンも終わり、桜の開花も発表されました。
春ですね(^^)。

学習面でも生活面でも充実した中学2年生生活を過ごし、更にひとまわり成長したねえね。
小学生時代、学校やお友達になじめず泣いていた女の子も、周囲の支えや励ましのおかげで旅を続けることができました。
彼女の笑顔を守るための「知恵」を分けてくださったどんぐり倶楽部糸山先生をはじめとして、支え、励ましてくださったすべての方に心から感謝です。

暗中模索の状態からパイロット受講、一時期はどんぐりの先生として子供たちとも接する機会を得、気づけば8年が経ちました。
哀しいことも嬉しいことも織り交ぜて、濃密で楽しき日々でしたね。
ねえねの「笑顔」を指針にして旅を続けてきたこのブログですが、いよいよ受験生のバトンを受け取る学年となりましたので、そろそろここらで一区切りつけたいと思います(^^)。

本当は6年生で終わるつもりだったんですけれどねw
他にどんぐり終了後の中学生のブログが少なかったのと、自分の記録をするつもりでずるずると続けてきてしまいました。
(あ、最近また卒業生ブログがスタートしていたり…動きがありますので楽しみです♪)

たまたま調べてみると、検索ワード最上位が「どんぐり 失敗」だったのも、続けることにした一要因なんですよねぇ…(^^;)。

きっと、みんな心配なんですよね。
その気持ちはよくわかります。
私もそうでした。
でもまずはその心配の正体を見極めなければいけません。
見極めたうえで、ではどう工夫するかという対策を立てます。
知識を入れるだけで安心することだってあるし、話を聞いてもらうだけで気持ちが落ち着くことだってある。
まずは自分の気持ちの正体を暴くことをお勧めします。

我が家の場合でいうと、「私の凝り固まった常識ではとらえらきれないわが娘」を説明できる考え方を探していました。
そしてたまたまどんぐりに出会えて、結局は私のほうが全然わかっていない…ということが分かってw (これこそ「無知の知」!?)
娘の問題だと思っていたことが自分次第であると理解して…あとはぐんぐん育児が楽になりましたね。

この方針に(ゆらぎはあっても)迷いはありませんでした。
しかし、なにぶん今の学校内では特殊な考え方となります。
孤立感を深める中、同じように頑張っているお母さん方の実践ブログは心の支えとなりました。

学校の宿題をなにもせず、好きな事を好きなようにやりつつぼーっとしていたのが2年生、3年生、4年生のころ。
おかげで、漢字は書けないし書かないw
作文はできないwww
何かを書かせればひらがなオンリーwwww
世間で評判の二分の一成人式では、親を泣かせようとする感謝手紙とやらの内容は、うちの娘のだけ内容が業務連絡wwwwww
いや~、よくこれで卒業できたなぁ!(爆笑)
卒業アルバムの作文に至っては、二度と開きたくないレベルです!!!(涙)

そんなこんなで、娘の笑顔を守りながら「これで間違いない」と信じて進んできた「脇道」ですが、「娘にとってはどうなんだろう?これで何か不都合があっては申し訳ない…。」という考えがありましたので、少なくとも「幹線道路」にでるまではしっかりサポートしようと心に決めて送り出した中学生活。
定期テストが終わるたびに、結果を見ながら問題点や改善点を話し合い、ではどうしたらよいかを一緒に考えて、時にはどんぐり塾にお世話になり、時には学校の先生にお願いし、ここまで来ることができました。

さて、ここで先ほどの検索ワード「どんぐり 失敗」につながりますが。
おそらく、この方々が知りたいのは、宿題はやらない、漢字も作文も書けない、そんな状態で公立中学に入学して大丈夫なのか?
このあたりを確認したいのではないかなぁ?と推察いたします。

結論から言いますと、「そんなの子供によって違うから、ようわからんw」であるかと思います。
普通は個々の事情を含めてまで検証なんてできないし、少なくとも私にとって万人にあてはまる「絶対」はありません。
それに、何を持って「成功」とするかは人それぞれ。
だからこそ、子供時代に喜怒哀楽、心を守りながら「自分」を育て、人生を楽しむことができるための土台づくりを何よりも優先する必要があり、指針とすべきなのは子供の心からの「笑顔」なのだと思います。
勉強ができる、良い学校に入る、これらも判断の一部ではありますが、枝葉のごく一部でしかありません。
子供が笑顔で、自分なりの幸せという「指針」を見失わずに生きていけること。
それとともに、親自身が「周囲の基準」「世間の定説」に無検証で合わせようとする姿勢を見つめなおし、「自分だけの指針」を持つきっかけをつくること…。
そのためにどんぐり式であろうとなかろうと、今何ができるのかを真剣に考えること。
これを第一に考えつつ、小学生生活を送ることができれば素敵だなぁと思います。

「精神的に安定している事」や「(根拠のない場合も多いが)これでいいんだという自信を持つ事」、「忍耐力」、「おおらかさ」…。
一見、学力とは関係ないように思えますが、我が家では(n=1で恐縮ですが)中学に入ってから素晴らしい効果をもたらしました。(これまでの記事には、そのあたりの事も書いてあります)

でもでも。
そうはいっても、やはりどんぐり実践後の学力は気になりますよね…(^^;)。
特にウチのは漢字書けない、作文書けない、文を書けばひらがなばかり、興味のない歴史・地理の授業は寝て暮らしてきた「ぼーっと過ごした小学生時代→スパルタ中学生時代」…というわかりやす~い部分があるので、何か参考になるかもしれないな~と思います。
ただし、あくまでも「我が家ではこうだった」という一例である事を頭の隅に置いておいてくださいね♪

今どんぐりをやっていて、学校でつらい思いをしているお子さんがいたら、もしかしたらちょっとは気が楽になるかな…?
と、思うので…かなーり悩みましたがあえて記録し(「続きをよむ」に書きました)、一旦筆を置こうかと思います。

今できなくてもいいんだよ。
いつからでも学べるんだよ。
自分の意思で、自分の力で始められるんだよ。
スタートもゴールも、道順も、みんなと一緒じゃなくていいんだよ。
どれも自分で決められるよ。
だからこそ、誰かに合わせるばかりではなく、自分の気持ちを大事にしてね。
もし困ったりつらい時は、誰でもいいから話を聞いてくれる周りの大人に相談してね。
中学に入って「よしやるぞ!」と思い立ったなら、どんぐりをやっている時にいつも考えていた「工夫」と、考え続ける「忍耐力」がそのまま使えるからね。
応援してるからね~!


拙い文章の気まぐれブログではありましたが、これまでどうもありがとうございました。


後に続くみなさんにとって、ささやかな道しるべとなることを願って…。



    ア
      リ
       ガ
        ト
        オ
         ォ
        ォ
        ォ
       ォ
  (*ノ´Д`*)ノ



またいつかどこかで…。

どうか良い旅を!








さて。
ここからはささやかな道しるべです。

本当に悩みましたが…(--;)。
このくらい具体的な記録がひとつくらいあったほうがいいのかな~?という事であえて記します。
いや、本当は高校に無事合格してから書くものなのでしょうけれどもw
なんというか…私の中で一区切りついたというか、「あー、子育てし終わったなぁ~!」というすがすがしい気持なので、この時期にてご容赦ください。
本人はもう、脇道から幹線道路に入って好きなように旅を始めた様子ですので…(^^)。

以下は中1の夏に初めて受けた進学塾の模試(右)と、先日2年生の3月に受けた同じ塾の模試(左)です。
同じ塾の同じ学年ですので、受験したメンバーはほぼ同じ集団です。
今回の模試はその中でも「県内の公立高校を受験するメンバー」に絞られていると思われます。
そのため1年生では関東一円約13500の受験者でしたが、1県分の約5300人(オレンジのペンの下に書いてあります)に減っています。
5科目の県立高校を受験するメンバーは最上位から下位まで含まれているでしょう。
しかし私立最難関校を志望する層(3科目受験組)は一部抜けているのではないかと思います。(←上位層が抜けていると偏差値が上がるはずです)
そこら辺は差っ引いて見てくださいね~。

成績表 (640x480)

わが娘の内申は111(2年2学期の段階の9科目の内申点を3倍したもの)です。
中学の最上位層は、ほぼオール5で、135近くを取りますので、悪くはないけど良くもありません(^^;)。

そんな人たちと入試で戦うのですから、試験で高い点数を取らないと合格できませんね。
内申点を上げる努力というより、受験に必要な力をつける努力はしますが、うちは基本「試験で取るぞ!」という作戦です。(もう…いいよ。体育は3以上あがらないよ…w 怪我のないようにやれれば…もうそれでwww)

で、その内申点と今回の成績とをはにゃらほにゃらと面倒な計算して、志望校に合格見込みがあるかを判定するわけですね。
毎回、自分の位置を知るために県内最上位校(志望者が多いので上位層の中での位置を見れるから)を書いて判定を見るのですが、今回は初めて県立最難関校安全圏内になりました。(遠いから、行けないけどw)

参考までに順位は、以下の通りです。
英語は上位13%あたり。
数学は2%あたり。
国語は1%あたり!?
理科は8%あたり。
社会は10%あたり。
3科目合計で2%あたり。
5科目合計で3%あたり。

国語は、今回3か月間の漢字学習の成果?のおかげか漢字を全問正解(嬉嬉!)しまして、10点くらいポンと上がったせいでこんな成績になりました…。
たまたま相性の良い問題で運がよかったのもありますが、あんなに苦手だったのに数学より取れる日が来るとは…びっくりです。
まぐれでも、これだけ取れればたいしたもの。
だって、この点数を取った子は、こんな経歴の持ち主ですよ?

小学生時代は学校からの指示のままの漢字・計算の大量反復問題や音読の宿題はほぼやってませーん。(先生にお願いして、我が家なりの工夫をした宿題はやりました)
指折り計算はやっぱり安心(はあと)。この素敵な方法は簡単に手放せないよねぇ♪(5年生くらいまでやっていました。さすがに今はもうやらないよ~♪)
え?中学1年生なのに、ローマ字で名前が書けないって!?(周囲は小学生から英語教室に通っていて書けて当たり前w)
あ、あれ?bとdが…鏡文字になってる!?(ひらがなの時もそうだったが…アルファベット!オマエモカー!!!)
模試で漢字が…0点!?(それだけで軽く…10点分マイナスだよね?定期テストだともっと点数落としてるよね!?)
国語の記述で、数字は漢数字で書く事を知らなかったってぇ!?(つい先日、中2、3学期にして初めて知ったらしいw)
???この上の式にまではπがあるのに、どうしてここで忽然とπが消えるのかな?マジックかな?
+って書いてて引いたり、-って書いてて足したり…頭の中で配線ミスが起こってませんか???
本当に何一つ小学校で社会を勉強してこなかったんだねぇ…重要語句も当然漢字で書けないしねぇ…そうだよねぇ(遠い目)。
「ココ、テストに必ずでますよって書いてあるのになんで勉強しないで受けたの???」???
とうあんを!すべてひらがなでかくのは!やめなさーい!www
こんな大作を落書きする暇があるなら…見直ししようね?
…名前だけは、最低限書こうね?…ね?

…こういうところからのスタートでしたからねぇ(--;)。
本人の意思・意欲と工夫を続けていけばなんとかなるもんですね。
教科のでこぼこも随分少なくなりました。
わが県の模試は、記述問題が多めですが、それなりの文章を漢字で書けるようになりました。(いまだ、マス目からはみ出して書くのは注意されていますが…(^^;))
わが娘ながら、この2年間(覚悟の上とはいえ)スパルタ(!)によく耐え、よく努力したと思います。

また、そんな娘を幼いころよりご指導くださった、齋藤兼司先生には心から感謝申し上げます。
娘は、どこの塾へ体験【注1】に行っても「けんじ先生より教え方の上手な先生はいない(だから行かない)」と言ってますので(^^;)もうしばらく、よろしくお願いします♪(このあちこちの塾体験ネタについてはまだまだ書くことがあるんだけどなぁ~wふふふ。いつか書く時がくる…かも?)

【注1】→齋藤先生の塾をやめる気は一切ない娘。先生の塾の科目は数学と英語。しかし何とかしたい科目は国語…。そこで、国語を教えてくれる塾を探して三千里…、現在「塾体験、流浪の民」をしております(涙)。
なにせ、娘の基準がけんじ先生なものですから…塾の体験に行っても「ものたりない。先取りしているだけで学校と大差ない。」と感じるようで、「ここで学習する!」という場所にはまだ巡り合えていません(--;)。
そんな「体験」は沢山しましたけれど、これまでのところ基本的に塾の利用はけんじ先生のところでの英語と数学のみです。

さて。
この先、将来どうなりたいのか、どういう勉強がしたいのか。
未だ、行きたい高校は決まっていないそうですが、娘は「更に上を目指して実力をつけていきたい」と言っています。
実力があれば選択肢は広がるので、いざやりたい事が決まった時には対応しやすいでしょうから応援しています。

受験本番まであと1年。
どれだけ伸びていくのかな?
もしくは伸び悩んだり縮んでしまうのかもしれないけど、それもまたよい経験w
なんか、もう大概の種類の「大変さ」は経験済みなので、何も怖い物はない気がしてますw(←楽観しすぎwww)
いずれにしても本人次第!
面白おかしく生きるのだ!

  ふぁいとー
✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。


【2016年9月追記】

中学3年生の7月。
上記模試と同じ塾の7月模試の結果、更に驚きの好成績をたたき出してきたねえね。
なんと、リオオリンピック期間中に塾から「金メダル」をもらってきたので、家族で「タイムリーやな~!」と大笑いw
そんな楽しい思い出もできた受験生の夏。
我が家のねえねも、ぼちぼち元気にがんばってまーす~(^▽^)。



スポンサーサイト

コメント

No title

今まで、大変気持ちが楽になるお言葉をありがとうございました。

私はまだ、旅の途中です。でも、このブログがあるから、安心!!というわけにはいきませんが、自分なりの、そして我が子なりの道を歩みます。

・・・我が息子くんも来年6年生にして、ローマ字、書けないのよ・・・勿論漢字も・・・・(T_T)我が家流のどんぐりになってしまっていると思うので、息子はどこまで伸びることが出来るか分かりませんが、見守り体制を崩さず、もう暫く笑顔を大切にしていきたいです。

Re: No title

たかねまんてまさん☆こんにちは♪

> 今まで、大変気持ちが楽になるお言葉をありがとうございました。

いやいやいやいや…そんな!
こちらこそ、読んでくださってだりがとうございました~!!!

>自分なりの、そして我が子なりの道を歩みます。

そうですよね。
納得して一歩ずつ進む…大事ですよね(^^)。
じっくり旅を楽しんでくださいね。

> 我が息子くんも来年6年生にして、ローマ字、書けないのよ・・・勿論漢字も

私個人の感覚ですと、新6年生ならごく「フツー」ですw
特に問題はありません…www
しかもあと1年もあるんですよね!
やろうと思ったら、この1年でなんでもできますよ♪

ただ「現状はこんな感じだよね。じゃぁこれから(中学生になってから)どうしたい(どうなりたい)?」は、一度話し合っておくのもいいかもしれません。

>見守り体制を崩さず、もう暫く笑顔を大切にしていきたいです。

仕上げの1年間ですね。
どうか、笑顔あふれる楽しい旅となりますように…。

コメントありがとうございました(^^)♪

(T_T)のち(^^)/

一旦筆を・・・と書かれていますが、再開&再会お待ちしています。(今すぐにでもっ!)

段ボールねえねちゃんと、お母さんの愛ある突っ込みがもう見れないのか、と思うと本当に残念ですが、いつかは来るこの「区切り」。えいやっと、このページの記事を含む、過去のどんぐり旅の記録を残してくださったことに感謝します。
私も長男のブログはどうするかな~・・・と思いながらダラダラと続けています。(定期テストぐらいしか書くことがありません。)

ねえねちゃんの経歴は、うちの長男か?!と目を疑いました(^-^;
最初の定期テストは漢字が一つだけ書けていたっけ・・・
春休みにはわからん帳を作るそうです。(ホントかな??)

反抗期ってなんですか?状態の中一長男。日々こうして穏やかに、楽しく、幸せにやってこれたのもどんぐり倶楽部とブログを公開してくださっているどんぐらー親の皆さんのお陰です。
ありがとうございました。

私の場合は敗者復活戦ではないですが、現年長の次男がいますので、こちらではどんな旅が待っているのかな??と、長男のときにはなかったワクワク・ドキドキがあります。

私はもう少し、漂っていようと思います。

Re: (T_T)のち(^^)/

acorn さん☆こんにちは♪

> 一旦筆を・・・と書かれていますが、再開&再会お待ちしています。(今すぐにでもっ!)

あら~、そんな風に言っていただけるなんて…(^^)嬉しいです♪

> 段ボールねえねちゃんと、お母さんの愛ある突っ込みがもう見れないのか、と思うと本当に残念ですが

相変わらず、ねえね面白ネタは尽きません…。
今日も「コンタクトレンズが外れないぃー!」と言って、私が豚肉に衣をつけて3枚揚げ終わるまで、ずーーーーっと大騒ぎしてました。
とんかつを上げながら、突っ込むのは大変に面倒なので、ホントやめてほしいです(・ω・)。
もう14年も突っ込みっぱなしなので、そろそろコンビ解消を希望します…w

> 私も長男のブログはどうするかな~・・・と思いながらダラダラと続けています。

これからは、かわいいどんぐり仲間さんたちの成長を見守るおばあちゃん的なポジションで、あちこちのご家庭の様子を拝見したいと思っていますので、ぜひぜひ続けてくださいね(^^)ノシ

> ねえねちゃんの経歴は、うちの長男か?!と目を疑いました(^-^;

ふふふ…お仲間ですね♪
お会いしたらきっと楽しくお話しできそうな気がします。
「ねえねが…二人いる!」って思うかもw

こういうタイプの子は、割と多いんじゃないかと思うんですよね~。
学校で理解されず、苦労している子もいるんじゃないかなぁ…。
みんな、変なレッテルを貼られたりしないで、のびのびと成長してほしいですね。

> 春休みにはわからん帳を作るそうです。(ホントかな??)

素晴らしい!
わからん帳、チョー大事!

> 反抗期ってなんですか?状態の中一長男。

あ、ウチも同じですw
学校で、お友達がお母さんの事を「クソババア」と呼び、口もきかない…という話を聞いてきて、ものすごく驚いていました。
私だけでなく、父親とも相変わらず仲良し♪
夫は「このくらいの年頃の女の子ってこんななの?中学生になったら口もきいてもらえないのかと思ってたんだけど、今でもちゃんと相手をしてくれて嬉しいよ。アイツ、ホントイイ奴だよな。」って、喜んでいます。

しかし何なんでしょうねぇ?
なんで反抗期がないのか???
反抗する必要がないからなのか???
親の言いなりになってる…というのとはまた違うし。
うーん、不思議ですね~。

> 私の場合は敗者復活戦ではないですが、現年長の次男がいますので、こちらではどんな旅が待っているのかな??と、長男のときにはなかったワクワク・ドキドキがあります。 私はもう少し、漂っていようと思います。

いいですねぇ~(^^)♪
ホント羨ましいです。
もうおばあちゃん的立場のワタクシは、一人見守り隊を結成して応援に徹します!

どうか、良き旅となりますように…。
またどこかの旅の空でお会いしましょう!

お疲れ様です~!

長い間楽しいブログを発信していただき、ありがとうございました!
成績云々より、「どんぐりっ子ってこういうもんだよ」っていうことが、私にとっては良く理解できるブログでした。

実はどんぐり神戸集会で会った中学組お母さん達も、「どんぐりって、秀才ばっかじゃないよね~(成績で)」発言が普通にありました。「そうそう!」といいながら、共通していたのは、「長時間勉強できる(忍耐力)」「反抗期らしいものがなくのんびり」「中学生活後半から急に伸びだした」でした。

そう、うちも忍耐力はまわりの子よりは高い(笑)と思います。結構長時間勉強できるんですよね(課題の提出前など)。普段は勉強しませんが。

成績は安定せずデコボコ(あっち良ければこっち悪い。教科もばらばら。対策しづらい)ですが、なんとかなるんじゃないか、と思っています。

一つどんぐりブログがなくなるのは淋しいですが、ほーりーさんとねえねちゃんが充実した中学校生活を送れるように応援していますね!

Re: お疲れ様です~!

おーやんさん☆こんにちは♪

突然ですが。
セカオワさんのライブに娘と出かけてきまして、ライブ中ジャンプ&タオルを振り回し続けて…体力的に燃え尽きておりました(^^;)。
アラフォー母、か…肩が上がりません!www
そんな訳で、お返事遅くなってゴメンナサイ。

> 長い間楽しいブログを発信していただき、ありがとうございました!

こちらこそ、いつも読んでいただいて、更にコメントまで残していただきありがとうございました♪

> 成績云々より、「どんぐりっ子ってこういうもんだよ」っていうことが、私にとっては良く理解できるブログでした。

あー、なんか、ちょっとまって…。
鼻と目から水が出てます…。
ううう…うれしいです!
他にもたくさんの素敵ブログがある中で、訪問していただけただけで幸いなのに…ううう。

> 実はどんぐり神戸集会で会った中学組お母さん達も、「どんぐりって、秀才ばっかじゃないよね~(成績で)」発言が普通にありました。

おお~。
神戸集会に参加されていたのですね!
噂には聞いていた集会ですが、最近そういう会には参加していないので羨ましい♪

>「そうそう!」といいながら、共通していたのは、「長時間勉強できる(忍耐力)」「反抗期らしいものがなくのんびり」「中学生活後半から急に伸びだした」でした。

おもしろいですねぇ(^^)。

> そう、うちも忍耐力はまわりの子よりは高い(笑)と思います。結構長時間勉強できるんですよね(課題の提出前など)。普段は勉強しませんが。

確かに、スイッチが入った時の集中力には毎回驚かされますよねぇ。
それ以前のダラダラが酷い(www)だけに、その差に本当に驚かされます。
なんでしょう、あの大縄を飛ぶときにタイミングを計るようなイメージなんです。
大縄のまわり方はちゃんと横目でチラ見しているんだけど、飛ぶ気になるまでは縄の横で寝転びながらマンガ読んでる…みたいな?www(←この例えは我ながらヒドイw)

考え続けることを楽しめる、考え続けることを厭わない、これは間違いなく身に着いたかと…。
その代わり、単純なことを「ツマラナイ」と拒否するので…まぁ、バランスが難しいところです(汗)。
学校では「つまらないことでも(本人の感情は一切無視しつつ)我慢して一生懸命やる事」があたりまえで、あるべき小学生の姿として評価されてしまうので、何かと…しんどいですねぇ。


> 成績は安定せずデコボコ(あっち良ければこっち悪い。教科もばらばら。対策しづらい)ですが、なんとかなるんじゃないか、と思っています。

そうですね!
中学生ですから、自分で作戦を立て攻略する気分で楽しんでいきましょう!
われわれ参謀も、協力を惜しまない体制で臨んでいきましょう!
えいえいおー!

そういえば我が家も、ここのところ他と比べて英語がイマイチなので、どうしたものか考えを巡らせているようです。
現在は春休みでどんぐり塾も3週間おやすみ。
その間にじっくりと、宿題の1・2年生の総復習テキストを1冊終わらせ、また穴を埋められればよいのですが(^^)。
春休みは宿題もないので、羽を伸ばしつつ穴埋めによい期間ですからね~♪

> 一つどんぐりブログがなくなるのは淋しいですが、ほーりーさんとねえねちゃんが充実した中学校生活を送れるように応援していますね!

うう…私も淋しいです。
でも、これからの1年、娘の頑張りをしっかりと見届けたいと思います!

おーやんさんはブログを書いていらっしゃいますか?
もし、ブログをお持ちならばぜひご紹介くださいませ。
「どんぐりおばあちゃん」は、あちこち遊びに行かせていただきますよぉ!

本当にありがとうございました。
どうかおーやんさんもお子さんと楽しい旅を…。

またどこかでお会いできる日を楽しみにしております♪


非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。