プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のん気なテストはどうなった?

テストが返ってきましたー。

美術        58/100 (平均56)
技術家庭     77/100 (平均65)
音楽       70/100 (平均56)
数学(単元テスト) 49/50 (平均不明)

のん気なテスト勉強でしたが、目標の5割は超えてよかったね(^^;)。
一方で、漢字50問テストは12点(50点満点中)、英語の単語50問テストは24点(50点満点中)という点数をたたき出してきましたw
「やりっぱなしじゃなくて、後始末をしておきなよ。」と、一言言ってはおきましたがどうしたことやらw

数学は本人も嬉しかったようで、帰るなり「お母さん見てみて~!!!」と大騒ぎ。
しかもテストでは常に90点以上取っているというクラスメイトもに5点差で勝った!と。
「勝った負けたじゃないのはわかってるけど、でも嬉しいよ!」だそうです。
間違えた1問も、落ち着いて読めば絶対にとれていた基礎問題だったから惜しかった。
一方で、後半の大問はすべて正解できてたのは何より。
夏休み中、本当に頑張ってたもんね~(^^)。

小学生時代、計算問題の反復は我が家の方針でとことんやらなかった娘ですが、数学好きのままここまで来て、さらにこの夏で相当な量を消化できるようになりました。
また、夏休み中は暇な時間も多いので「あー、外は暑いし、やることないし、勉強でもするかな。」などと言いだす始末。
「暇なら遊べばいいやん!」と言っても、「私にとっては勉強も暇つぶしだからさ~。」と。
「勉強」=「遊び」の内、ってことなんだねぇ・・・。
うん。言ってることはわかるけれど、私にはその発想はないからなんかすごいわー(^^;)。

普段の宿題ですが、学校からはほとんどありません。たまに授業時間内で終わらなかったものを持ち帰る程度です。
ところが塾の宿題は毎週びっくりするような量をやって行きます。
塾の先生は「○○ちゃんならできるから。大丈夫♪」とニコニコしながら、2ページが4ページ、4ページが6ページへ・・・と、宿題がどんどん増やされていきますw
そしてそれをしっかり1週間で消化していきます。
彼女は大変に「がさつ」ですが、非常に「真面目」なんですw
小学生時代に宿題をやってなくても、きちんと自分でやるようになるんですから面白いですよね~。
(うちの娘は5年生から「自分でできる。」というので、マシーンはお払い箱になりました)
私、中1にはあんなに勉強しなかったわーwww
これが噂に聞く「シュパルタ教育」なんだわぁ~wwwwww

本人曰く「学校の数学の問題は簡単だから超ラク。すぐ終わる。」そうです。一方で塾の問題集は手ごわい・・・。
手ごわいけれども、ここでどんぐり問題に取り組んで培った粘り強さが生きてきますね。
簡単で単純な基礎問題をいくら繰り返しても複雑な思考力は身につかないけれども、複雑な問題には思考力+基礎力が試されるから結果的に効率が良い、というのはなるほど納得。
ただし、「考え続ける忍耐力がないと難しい」というのも併せて実感するところです。

中学生になるまでに学ぶことを「作業」にしない事、そして「嫌い」にさせない事。(環境設定・満足回路を育てる)
子供に子供らしい時間を保証してあげる事、子供に時間を返してあげる事。(環境設定・親からの一方的な「させる」という管理をやめること)
考え続ける忍耐力をつける事。(単純問題の高速反復の禁止と「どんぐり問題」の取り組み)
・・・などなど。

うんうん。それぞれ大事ですね。
最近の娘を見ていると、これまで以上に細い糸が束になって太い組紐になるように、一つ一つの事が繋がってきています。

2学期になってから、塾では全員が同じテキストを同じように進めるので自分はわかってる問題でも大量に繰り返す事になり時間がもったいない・・・というお子さんの話もちらほら聞くようになりました。
「わからないところだけ教えてほしいんだけど、必要なくても3教科セットになっててねぇ~。塾を変えようかなぁと考え中なのよ。」というお母さん方もちらほら。
うんうん、それは時間とお金がもったいない。
ただでさえ部活にイベントにと忙しい2学期ですから、こういう時ほど自分のペースと実力に合った学習方法が大事ですよね。

♪誰かが勝手に決めた既製品(レディメイド)な 今日を脱ぎ捨てて裸足で走っていく
♪間違ったって転んだって 擦り剥いた痛みが 自分仕様(オリジナル)な明日になる
(中略)
♪生まれてきた意味が理解(わかっ)た気がした 願い事は全部この手で叶える
♪そう 未来は全部この手で叶える
(藍井エイル 「シリウス」より)

っていうことですな。
いや~、いい歌詞だわ♪

なんだか思いつくままに書き散らしてしまいましたが、今日はここまで・・・。




スポンサーサイト

コメント

No title

我が子ではないのに、なんだか我が子のことのように嬉しい!と感じるのはどんぐり実践中で七転八倒いえ、七転び八起きの毎日を送っているからでしょうか。
リアルタイムでどんぐり卒業生?の様子を知ることができ、勇気と元気と安心感を頂いています。みなさん閉じてしまわれたブログが多い中、本当に心強いです。
理論を勉強をしてかなりの部分を自分の中に落としこんだ、と感じていてもやっぱり時がたたないと実感できなかったり、見えてこないものってあると思うんです。(理論の勉強不足からくる疑念や不安かもしれませんが)
やれることをやりつくして、自己確立に向けて安心して子どもの手を離せる日が来るのを楽しみ(いや、やっぱり正直寂しいでしょうね。)に待てるよう小6男子の子育て&自分育てを頑張ります!(^^)!

Re: No title

acornさん☆こんにちは♪

コメントありがとうございます。
ご自分のことのように喜んでくださっているとのこと。
身に余るお言葉に恐縮するとともに、ありがたい事だと感謝いたします。

他の卒業生の方のブログやSNSを拝見すると、みなさん何もしなくても大変に優秀でいらっしゃるようにお見受けしますよね・・・(^^;)。
「そうかー、何もしなくてもそんな風になるんだ!」と思っていた時期が私にもありましたw
ところが我が家はそうではなく、やらないものはできないし、やったことはやった分だけ伸びを見せるというタイプw
ただ「やること」が苦ではなくむしろ「ひまつぶし」程度の軽いノリであることが最大の強みで、常に「余裕」なんですよねぇ。
私からすれば「そんなでは絶対に無理!」と感じる場面でも、なぜか「自信」たっぷりで・・・ホント不思議。
その点は素直に「すごいなぁ~!」と感心しています。


> やれることをやりつくして、自己確立に向けて安心して子どもの手を離せる日が来るのを楽しみ(いや、やっぱり正直寂しいでしょうね。)に待てるよう小6男子の子育て&自分育てを頑張ります!(^^)!

いやぁ~、寂しいですよ!
もう何かやりたくて仕方がない!!!(←暇人かw)

これまで約6年間、注意深く子供を見て臨機応変に環境を整え、手をだし品をかえ(?)・・・してきたやり方を変えるのは頭では分かっていても難しい!

そんな時、たまたまちゃこさんとうり坊さんとご一緒する機会があって、「もう手を口を出したくって仕方がない!」と言ったら「口は出していいんじゃない?言ってもどうせやらないからw でも手は出しちゃダメだよ。」とアドバイスをいただき、何とか思いとどまることができました。
「やらない(させない)からこそ生まれる(生きる)もの」の多さは、私たちの想像のはるか上を行きますよね~。

どうかあと半年、acornさんとお子さんにとって思い出深い素敵な旅となりますように♪
非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。