プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんぐりの環

先日のりんこちゃん問題。


実はあれ、お友達の家でやった問題です。



家庭訪問期間で早く帰ってきたねえね。

幼稚園から家族ぐるみで仲良しの、男の子の家へ遊びに行きました。

でも学校が違うためにいさんはまだ学校。

家にはおとうと君(年長さん)しかいません。



●母「にいさんが帰るまでに宿題やっておいたら後でゆっくり遊べるね♪」

●ねえね「じゃぁ、おとうと君(年長)と一緒にどんぐりやる!」




と言うので、ちょうど私の思惑とピッタリはまり、年長さん問題をやる事に。


二人で2階へ行って、どんぐりをやるというのでノートに問題を書いてあげました。

するとしばらくして2階からねえねの声が。


●ねえね「いい?1回しか読まないからね?絵に描いてね。ありんこのりんこちゃんがぁ・・・」

●おとうと君「やだ!やらない!」

●ねえね「え?えぇ・・・・?」


母、大爆笑ヾ(≧▽≦)ノ! 



ここできっと、ねえねはいろんな事を考えたに違いない♪


いつもは「やる」立場だけど、今日はねえねが先生役!

どうしようかな?

おとうと君にわかるように、ゆ~っくり読んであげよう。

でも一緒にやりたいのに、相手は自分の思うようにならないぞ。

どうしたら一緒にやってくれるかな。

でも工夫してもうまくいかない事があるってこともあるな。




ほんの5分くらいだったけれど、ねえねの頭はきっと工夫のためのフル回転だったに違いないわ~(*^m^*) 。





どんぐりにおける「教育の永久循環システム」(「レオンくんの時々日記」より)の一端。

垣間見た気がします。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。