プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねえね、感想文について考える

感想文。

学校では良く書かされますよねぇ。
先生の大好物と言ってもいい。

なんとなく振り返ったような気になるし。
なんとなく文章を書く練習になる様な気がするし。
なんとなく勉強したような気になる・・・。
なんとなく・・・。

しかもアレですよ。
授業参観の前には、子どもたちが書いた作文・感想文をご丁寧に掲示してありますよね。
いやぁ、アレはアレですよw
ホントに勘弁してほしいwww

さて。
昨日の話なんですが。
娘が国語の授業にご不満のようで車の中で毒づき始めましたw

「国語の内容ってどんどんつまらなくなってくる!」

「そうなんだw」

「今やってるのもチョーつまんない。『○○はどうおもいましたか?』『××はどうかんじましたか?』とか、全く面白くない。心を読み取るっていうならもっと内容が面白くなきゃ。どうして面白い小説じゃダメなの?何であんなにつまんない話を読まなきゃいけないの?読む気にもならないよ。どうせやらなきゃいけないならさ、使う話くらい面白くしたらいいのに。そうしたらもっと主人公の心を読み取るのも面白いと思うんだよ。私の持ってる『十二国記』とか使えばいいのに。あれ、登場人物の心情がどんどん変わっていってすごくいいよ。心情の変化を考えるのにすごく使えると思う!」

「あの本そんなに使えるんだw 確かに面白い話だったらもうちょっと前向きにやる気になるかもね。」

「私、本を読むのは大好きだけど国語は大っきらい!」

「ははははは・・・。(^^;)」

「大体さ、感想文とかも嫌なんだよ。前に『大造じいさんとガン』っていう話をやったの。その時に、この話を読んで感想を書きなさいっていう事になってね、どうなったと思う?クラスのほぼ全員が『大造じいさんが残雪を撃たず、逃がしてあげて感動した。』『感動した。』『感動した。』って!みーんなおんなじこと書いてんだよ!?つまんないでしょ。もう絶対に私は『感動した』って書かないって思ったよ!」

「ああ・・・なるほどねぇ。じゃぁあなたはなんて感想文を書いたの?」

「あのね、『大造じいさんは大工さんになったらいいと思います』って書いた。だってね、すごいんだよ。大造じいさんは1日で小屋を作ったりするの。ガンがとれないなら大工さんになった方がもうかると思わない?」

「おおーなるほど!それは面白いねぇ!」

「でしょ? ホント、学校の国語はつまらないよ!」


よっぽどつまらないようですwww

『十二国記』で授業してもらえる日が来るといいね(^^)♪


お子さんの感想文で悩んでいる皆さん。
もしかしたら「書けない」のではなく「周りと同じありきたりの事を書きたくない!」という理由もあるかもしれませんよw




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。