プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

6年生の夏休みの覚書

毎年、思い切り遊び倒してきた夏休み。

低学年の頃はあれこれ夏を機会にやらせてみたけれども、
だからどうという事もなかったのでどんどん止めました。
ここしばらくは、勉強に関して言えば「なにもしない…夏」ですね。

あ、でも1学期のテストの間違いをまとめた「わからん帳」だけはちゃんとやっています。

どんぐり問題は、6年生にもなると「わからん帳」に入る問題が少なくなくなってきました。
おそらく、考え続ける忍耐力がついているからではないかと思います。
「分からない→もういやだ、やめたい。」から、「分からない→いっちょやってやるか!」という感じです。
(当然、日によってやる気があったりなかったりはしますよ)
大概の問題はあっという間に解いてしまうようです。
本人にとって苦手な問題に出会うと、考えて、考え続けて(長ければ2週間位)。
…やっと「解けたー!(すっきり!)」という感じで進んでいます。
なので、我が家に関して言うと夏はどんぐりの「わからん帳」はありません。

どんぐり問題も残り僅か。(残りは、5mx・6mx合わせて50問程です)
とうとう、ここまで来たか・・・と、感慨深いです。

さて。
糸山先生のブログにも、「進化の夏」と書いてありましたね。

この夏、我が家では、この5年間ほとんど手つかずできた漢字1006字に手をつけることにしました。
もちろん娘と話し合い、お互いに納得してからのスタートです。

一般的な書きとり練習を一切やってこなかった(マシーン出動&先生と交渉の結果)我が家の娘。
今回、漢字のまとめテストをやってみたところ、大体4割~5割は書けるようです。
思っていたよりは書けるので、私以上に娘本人が一番驚いていましたw
(読み方は何もしなくてもほぼパーフェクト)

そこで時間のある夏の間に、分からない漢字の洗い出しと、その漢字を「眺める」方法で確認をしようと思います。
2学期になったらもう一度分からなかった漢字だけを確認→眺めるを繰り返します。
ここまでやっても覚えられなかった漢字は、丁寧に大きく書く方法で覚えるつもりです。

取りあえず読めるので、最悪ひらがなでも書ける訳ですからさほど心配はしていませんが、ひらがなだけの作文は本当に読みにくいものです。先生、本当にすいません(汗)。
もう少し普段から漢字を使って文章を書くようにできれば、思いだす練習にもなるので随分違うのになぁ~。
なんて思うのは、私だけ。本人は全く気にならないようですね・・・(--;)。

ただし、6年生になってから国語のテストは、文章の抜き出しで漢字が使われている部分をひらがなで書くとマイナス点になるようになりました。
その小さなマイナス点のお陰で、これまで毎回100点だった国語の読解問題は一度も100点をとれずw
しかも何回もそんなミスを繰り返す我が家の娘なのです。
今のところ「いつ気付くのかな~?」と生温かく見守っています。
2学期には気づくと良いなぁw

とりあえずは、覚書として記録します。
ここから、やってみてどんどん軌道修正するつもりです。

夏休み明けにどうなっているのか?
楽しみです♪
スポンサーサイト

コメント

No title

はじめまして。
昨年11月より本格的にどんぐり倶楽部を始めた小2女子、年長男子の母です。

ほーりーさんの家庭訪問の記事を参考にさせていただき、娘の懇談会で担任の先生に、げんごろう先生の「目で見る算数」をお渡ししてきました。
公立小学校の先生に読んでもらうのに最適なレポートですね。

我が家はまだまだ学校の宿題をどのように折り合いをつけていこうかと試行錯誤を続けている状態です。
これからもこちらのブログを参考にさせてください。
ありがとうございました。

Re: No title

りんごさんこんにちは。はじめまして(^^)。
このようにコメントでを残してくださってどうもありがとうございます。

おお!先生とお話をされたのですね。
先生の反応はいかがでしたか?

私の経験では「うちの娘は工夫が必要なのです。量や内容を調整するなど勝手を申し上げて恐縮ですが、どうかよろしくお願いします」と、丁寧にお話しするととても喜んでくださいました。
かえって「お母さんが見てくださるのはとてもありがたいです。どうぞよろしくお願いします」と、感謝されるほどです。そのうえ「配慮(お友達に何か言われたりすること)が必要な場合は、いつでも言ってください」とまでご心配いただいたこともあります♪

宿題の対応問題は、りんごさんのお子さんが他のお子さんと違う事をする事をどう感じるかですね・・・。
どうか、学校とお子さんとりんごさんとの関係、そして環境がより良いものになりますように(^^)ノ。

何かのお役に立てるようならばこんなに嬉しい事はありません。
使えそうなアイディアがありましたら、どんどんお持ち帰りくださーい♪
非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード