プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごあいさつ♪

ようこそ!

ご訪問ありがとうございます。

2014年の3月でどんぐりを卒業したわがやの娘。
2014年4月から中学生となり、また新しいあれやこれやてんやわんや(死語w)な生活が始まりました。
更になんやかんやあって、中学2年生3月をもって、このブログも一区切り。
そこから1年間積み重ねたものを持って、全力で勝負をした結果、2017年3月、無事志望校へ合格いたしました。(←イマココ)
4月からは夢と希望溢れる高校生です♪

そんな経緯の中で、ほそぼそと書き溜めてきたのがこのブログ…となります。

私がこれまで繰り返し失敗し、感じ、学んだことがいくつもあります。
そのなかで、特に必要性を感じたのは「子供をよく見ること」と「子供に合った工夫をすること」、「自分の指針を持つこと」です。
「学校(周囲)の基準」「世間の定説」を検証することなく、わが子のテンポを感じることもなく、ただ周りに合わせよう合わせようとしていませんか?
周囲に合わせることが目的になっていませんか?
「同じ」であることで安心していませんか?
それは、子供にとって本当に必要なことですか?
ある事を「させたい自分」と「やらない(できない)子ども」。
「やらない(できない)子供」を一方的に責めますか?
やり方に問題があるのではないですか?
失敗を恐れるあまり親が先回りして、子供が幼いうちにおおいに失敗し試行錯誤し、成長するチャンスを奪っていませんか?
できないことを責める前に、どうしたらできるようになるか一緒に考えてあげましたか?
もっと、親も子も気持ちをラクに楽しく過ごせる方法はありませんか?
子供を泣かせ、傷つけてでも、「させたい自分(親)」が絶対に譲れないことって何でしょう?

どんぐりに出会う前、私はこれらの事をすべて経験してきました。

「同じ」であることに安心を求めました。
子供のテンポは無視しました。
思うようにならない時には怒鳴り、子供を泣かせました。
学校の基準に合わせようと、先生の言う事を検証もせず鵜呑みにしました。
できないことを、本人の努力が足りないからだと責めました。

ある時から、これらの事は私の中ですべ否定されています。

まずは自分の心と向き合い「本当に必要なものってなんだろう?」と、自分の考えを整理する所からスタートです。
╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

どんぐりでいいんです。
でも、どんぐりじゃなくてもいいんです。
どうせやるなら、子供の笑顔を指針に、親子そろってゆっくり楽しい学校生活を送りましょう。

今、学校や勉強、お友達や先生との事でつらい思いをしているお子さんが、少しでも気持ちが楽になりますように。
「つらい」と感じているお子さんを見て何もできず涙を流している親御さんたちにも、思うようにならない子供を見てイライラしてつらい親御さんたちにも、なんらかのヒントとなりますように…。


このブログは、とある親子の旅の記録です。






最新の記事はずっと下の方にあります

●「なるほど~」と思う参考資料●
どんぐり倶楽部のHPや過去ログを読んだことのある方は特に、どこかで見た、どこかで聞いた、どこかで問題になってた!という内容が出てきて、読んでいて飽きません。
大学の先生方も、ひしひしと子どもたちの「異変」を実感しているようです。
以下引用。

「(前略)大学での数学の教育といいますのは、ある程度抽象的な能力を身につけているかどうかということが、まずキーポイントになりまして、それは授業をやれば、はっきり目に見えますが、10年前から従来の形での授業ができなくなっています。それからもう1つは、大学入試の答案を見ておりますと、ここ十数年、特にここ5年以内、すさまじいまでの学力低下が見えてまいります。(後略)」

長いですがぜひクリックして読んでみてください。

【参考資料】教育課程部会(第2回) 議事要旨


+++下にこのブログの抜粋記事へのリンクがあります。+++


↓こんなふうに「(かぎかっこ)」の中のタイトルをクリックするとその記事に飛ぶことができます。

●レオンくんは「うれしいとあかるい さびしいとくらい」んです。ひみつですよ♪
「レオンくんの『ひみつノート』」
         ↑
      ここをクリック!



抜粋記事を読む方は<続きを読む>をクリックしてください。

↓   ↓   ↓
<参考記事>


●環境を整える第一歩!
「母、先生と宿題についてお話しする」

●できれば先生にも「なぜこれが必要なのか」を理解していただけるとありがたいのです。
「家庭訪問終了。」

●ゆっくり回り道をする事で気付ける事♪
「ねえね、割り算を習う」

●これに気づいてから、私と娘の生活はゆっくりとでも確実に変わりました。
「自分を変える余裕」

●子どもは大人に何かさせられなくても、いつの間にか自分で「キラキラ」輝きだします。
「キラキラ」

●担任との軋轢、そして我が子を守る必要性を痛切に感じた1年生の頃の話。
「『させる』を越えて」

●親の立場から、そして子どもの立場から、親子関係について考えた事。
「自分を辿る旅」

●無条件に認めてもらえる場所はとてもあたたかい・・・。
失敗を恐れず何度でも何度でもチャレンジできます!
「あたたかい場所①」
「あたたかい場所②

●私の中で時間をかけて消化されていく「どんぐり」。
それは「いずれどんぐりは(当たり前の理論となり)消滅する」とおっしゃった糸山先生の言葉にも通じるように思います。
「私とどんぐり」

【参考ブログ】→ハーモニー108さんの「言葉の向こう」より
「どんぐり倶楽部はやがて消滅します」
*どんぐりを始めた頃から私の大好きなブログの一つです。
ハーモニー108さんの言葉はとても穏やかで心に響きます。
多くの素敵なブログが消されてしまう中、こうして記事を残しておいてくださることに感謝。


うちの長女をご紹介(^^)

●レオンくんは「うれしいとあかるい さびしいとくらい」んです。ひみつですよ♪
「レオンくんの『ひみつノート』」

●ウチのコロッケはいつでも「YES!」デンジャラス!
「ねえね、デンジャラスコロッケを食べる」

●「筋肉豆腐」と「バーゲン」が繋がる瞬間!
「ねえね、激安!Tシャツを考える」

●時には吠えます。味わいます。
「ねえね、月に吠える」

●こどもの意味不明な行動が、実は凄く大事なのかもと感じた事。
「イメージの再現」

●子どもの忘れ物が酷い時、どうしましょう?
「困ったことも、ちょっとした工夫で劇的に変わることがある」という事から、
「目の前の子どもに合わせる」「子どもを見る」という事の大切さについて考えた事。
「悩ましい上履き問題」
「我が家流、上履き問題の解決方法」
「上履き問題が終わり、そして思う事」

●「あだな」をつけるセンスって・・・w
「あだな」

●子どもにはこのように見えるようです。
「自戒ステッカー」

●実は、世界を股にかけるヒミツ組織なんですよ。文章も何故かビジネススタイルw
「サンタさんからの手紙」

●サンタさんから手紙をもらった、後日談。
「ねえね、サンタを語る」

●いつ、どこで拾ったのか?それが問題です。(この時、ねえね4年生)
「いし コレクション」

●「贅沢な時間」ってこういうことをいうんだなぁ。
「考え続ける贅沢な時間」

●すーぱーポジティブ!
「そんなねえねでございます」

●そうだよね。雪だって喜んでもらえたら嬉しいよね。きっと・・・。
「雪が喜んでいる」

●そんな魔法のような力を、みんな持っているはず!
「『つまらない』ものを『面白く』」

●これはもう笑うしかない?
「ぼーっと丸5年!?」



<最新記事は、この記事の次にあります>
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。