プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折り紙は楽しむもの。

5年生になった娘は、4年の終わり頃から、ようやく指が自在に動かせるようになってきました!

「え?今頃???(笑)」
ですよね~(苦笑)。

時々、ねえねには折り紙ブームがくるので、その時々遊んではいましたが、
出来上がりはというと・・・(^^;)。

もちろん、「できない」わけではありません。
むしろ本を読んでその手順通りに追っていくことは私より上手です。
ただ「自分のイメージ程、細やかに、丁寧にはできていなかった」という事です。

娘にとってはここまでくるのに長い時間が必要だったのですね~。

そのおかげで今、や~っと折り紙を存分に「楽しめて」います。

あきれるほど繰り返し同じものを折り続けることもあります。
「鶴」を折れる事が嬉しくて仕方ないのだそうです。

普通サイズの折り紙で鶴を折り、次にはそれを1/4に切った折り紙で作り、更に1/4等分した紙で・・・。
それが終わると次はもっと大きな紙、更に大きな紙を使って折りました。

極大~極小までの鶴を並べて写真を撮ったりして満足そうです(^^)。



もし私が何も気づいていなかったら「うちの子はこんな事も出来ないの!?」と、
焦って折り紙を教え込んで『させて』いたかもしれません(^^;)。

そうすると当然、「無理やりさせられた」思い出しかない折り紙など、
一切やりたくもないし楽しめない5年生に育っていたことでしょう。

とあるブログの記事の様に、指の力をつける方法を試して、
早く「できる」ようにしてあげる方法もあったかもしれません。

でも、今は「待てた自分」に「よくやった!」と、拍手したい気持ち(笑)。

その事だけを考えても、
「いろいろ気付けてよかったなぁ~、私絶対に危なかったよなぁ~。」
と、ヒヤヒヤする思いです。

折り紙は遊び。
指を鍛えるためのものでもなく、
図形に強くなるからでもなく、
器用になるための訓練でもないのですよね。

「楽しむこと」を守れてよかった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。