プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私とどんぐり

どんぐりを知ったのが2008年の5月。


どんぐりを知ってからも、ずっと学校から指定された量の宿題させていたし、大声で叱ったりねえねを責めたり・・・。
まぁ、色々やっていました。
知ったからと言ってガラッと生活が激変したわけではありません。


でも、そんな日々をゆっくりと通り過ぎ、今は本当にねえねとの毎日が楽しいです。
あんなに辛い毎日は何だったの?と思うくらい。
まだまだお互いにダメなところはあるけれどもね(^^;)。


例えるならば。

温かい日差しが降り注ぐひろーい草原の中で、
大きく葉を茂らす広葉樹の根元にのんびりと座り、
樹の成長や葉の色、花や実を見ながら四季を感じている。
ゆったりとゆったりとぼーっとしている。

「いつのまにか花が咲いている!きれいだなぁ~。」
「この木の実はおいしいなぁ。」
「不思議な葉の色に変わってきたなぁ。」
なんて、飽きる事なく樹を見つめています。

他の樹々と枝ぶりが違くても以前の様には慌てなくなりました。
それを見て「あぁ、味のある好い枝ぶりだなぁ。」と感じられます。

樹は何も必要としていないのに、
「肥料をやらなきゃ!」
「水をやらなきゃ!」
「枝を切らなきゃ!」
ではなくて、そのゆっくりとした変化を見てるだけ(笑)。

以前はこの「~やらなきゃ!」をやりすぎて、
樹を枯らしそうになり、
自分も倒れそうになった訳ですな~(^^;)。
ははは。


「どんぐり」を知り、「どんぐり理論」というものが自分の中に馴染むのに本当にゆっくりした時間が必要でした。
「どんぐりの理論という色」と、「今までの自分という色」が、自分の中に2つ存在し続けるのではなく、ゆっくりと混ざり合い、二つが一つになり新しい色を生み出していく・・・。

そこまでの時間が本当になが~いのです(^^;)。
今すぐ結果が欲しいのに~!(笑)
(ハイ、自分勝手な親ですね;;)

この時間を待てなくてすぐに他へ移ることもできたはず。
違和感があったならば選択しないで捨てることだってできたはず。

それでもどんぐりを考え続けたのは、「これはまだ理解・納得はできていないけれど、自分とねえねに必要な気がする。」と無意識のうちに感じていたからだったんだな~と、今は思います。

今の私は、
「どんぐり色」だけでもなく、
「今まで何十年間も続けてきた自分色」だけでもなく、
新しい色が生まれているように感じます♪


わかる、気づく、発見するって本当に楽しい。


そして、
私がどんぐりを知り、悩み、迷いつつ、少しずつ実践してみて早2年。
辿り着いたところは「自分(親)が変わる事」でした♪


ああ・・・まるで「青い鳥」!


そして今もまだまだ、旅の途中♪

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。