プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんぐり教室の時間

我が家はもともと家でどんぐりを1年半、そのあと週一でどんぐり教室へ通っています。

今でもヒマな時や宿題の代わりに一緒にやったりもします。
なるべく家で一緒にやる時間を大切にしています。

進化を目の当たりにできないのはつまらないから、
お任せしたままは絶対にもったいない!と、思います。



教室に通う事の良いところは、どんぐり問題に取り組むペースが守れる事。
そして、同じ問題を解くお友達と仲良くできる事。
お母さん同士でどんぐりや学校の情報交換ができる事♪

特に、お母さん同士の情報交換はありがたいです。
「今年の先生にはどう話した?」とか「宿題の量は?マシーンしてる?」とか。
どんぐり情報の交換もできます♪

しかし。
どんぐり教室に送り出すようになってからは、
横で絵を見ていた時とは違って、完成した絵しかみることができません。

その間にねえねの中でどのような順番でどのように思考が行われたのか。
たとえば、ひらめいたのか?じっくり考えたら見えたのか?適当にやったらできたのか?
こういう細やかな部分が見えてこないのです。

式と答えが出ていればOKと考えていた頃ならばそれでよかったと思います。
「途中どのように考えたのかよく分からないけど、答えに辿り着いているからOKだよね」
と、考えたかもしれません。

絵を見ればどのように考えたのかを辿る事は出来ますが、
その瞬間瞬間を見ていたのと、見ていないのとでは随分違うのです。
うちのねえねの絵図は本人以外は分かりにくい・・・と言う事も理由(--;)。

以上の事は教室に行くようになってから分かった事、感じた事です。



ではなぜ教室に送り出したのか。

それは、自分ではココから先、内容が難しくなってくると指導できない。
自分は学校の学習内容をすべて理解をしていないから無理。
誰か、もっと分かっている人に見ていただいた方が伸びるハズ!!

そんな風に考えたからです。

ではこの「指導」とは何かと言うと、学校の学習内容に沿っての指導。
どんぐりでやった事と学校の学習内容のリンクをする事です。

子どもを信用していませんでしたねぇ(^^;)。
なんとも尤もなような事を考えていましたが、今は変わりました。

いいんだ~。
別にそれは、親がリンクさせるために指導する必要なんてないんだなぁ。
こどもが自分で気づいてやる事だもの。
その瞬間を親が勝手に決めておしつけちゃもったいない。
そういうものは本人に染みこまないと思う。
自分の力で考え、リンクした瞬間があるものは絶対に忘れない。

・・・と、思っています。

もちろん、ココ!というポイントでは口を出す事はありますよ♪
でも、積極的に突っ込んでいく事はなくなりました。
「しなきゃ、させなくちゃ!」って所からは一歩引きました。

そして、人に頼まなくても学校の学習内容は自分で調べる事が出来る。
と、いう事もわかりました。
子どもがやってるのに、親が手を抜いちゃいけませんものね(^^;)。


・・・あらら。
いつのまにか、どんぐり教室に通う目的が随分変わってきてしまいました。


それでもねえねは毎週どんぐり教室へ通っています♪
2時間半、楽しい時間を過ごしてきます。

その中身は?

どんぐり問題あり。
おやつあり。
トランプあり。
おしゃべりあり。
おふざけあり。
すもうあり。
手品あり。
顔に落書きあり(笑)。


今は、こんな楽しい時を共有できる仲間との、どんぐりの時間です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。