プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオン君はなぜお腹が痛くなったのか?

昨日の内容の続きです。


家に帰ってきまして、お風呂とご飯を済ませ、
今度はねえねが内容を変更した(かふぇでマシーンで頑張った!)漢字の宿題をやります。


以下が作った文章です。
____________________________________

◎ねえねが漢字テストで間違った漢字を使って作った文章です
◎ねえねポイントが高いので、文中には大好きなレオン君がよく登場します♪
◎ノートに書き、カタカナの読み部分をねえねが漢字に書きます
____________________________________


私のキボウはウンカイの広がるフウケイを見る事です。
そんなタイケンをするために、富士山へノボる事になりました。
ガンバルド~ン!
若葉がメバえて、美しい富士山はとても素敵なところです。
ところが途中、突然お腹が痛くなったレオン君は急いで胃腸薬を飲みました。
その夜、レオン君は更にハツネツ。
ライトをテントウさせ、苦しそうなレオン君をテらしながら看病しました。
朝になると、朝日にテらされたレオン君は急に元気になっていました。
レオン君は元気よくさっさと頂上へノボって、ウンカイをみて満足そうでした。
私はちょっとつかれました・・・。

____________________________________


●ねえね「・・・レオン君どうしたのかな?」

○母「なんだかね、登山中にお腹痛くなっちゃったらしいよ。可哀そうにねぇ。」

●ね「ええ?なんでお腹痛くなったの?」

○は「お母さんは、わたあめを食べすぎたんだと思うよ。」

●ね「あ、わかった!レオン君、実は疲れちゃったから休みたかったんじゃない?」

○は「えええええ???レオン君、仮病使ったの~?」

●ね「たぶんね。」

○は「そうかぁ、でもお薬の胃腸薬飲んでるよ~。」

●ね「ああ、薬だものね~、どうしたのかな?」

○は「ま、まさか・・・薬に似たラムネを胃腸薬だと言って食べたのかも!」

●ね「あぁ!なるほど。形が似ているもんね~。それは気付かないかも。」

○は「なんだかレオン君の悪い子レベルが上がってしまっているね(^^;)。」

●ね「じゃぁ、熱は?仮病だったら熱ないでしょ?
   ・・・もしかしてカイロで体温計を温めたとか?」

○は「うわぁ、悪い~(笑)。お母さんは・・・わきの下でこすったんだと思うな。」

●ね「ごしごしごしってやったの?可笑しいねぇ。
   次の日の朝にはこんなに元気なんだから、絶対仮病だよ~。
   レオン君はさっさと頂上についてるもんね。」

○は「一生懸命看病して貰ったのにねぇ・・・。」

●ね「よっぽど山登りで疲れて歩きたくなかったんだろうねぇ。レオン君は。」

○は「飛んで行ったら良かったのにね。」

●ね「あああああああ!そうだよねぇ。なんだぁ!レオン君てば、忘れてたのかな?」

○は「歩いて登りたかったのかもね♪」

●ね「景色がきれいだからね~。」


なんて話をワイワイしていたら、あと言う間に寝る時間になってしまいました・・・(^^;)。
終わってからも「おもしろかった~」と言いながら、しばらくニヤニヤとレオン君のイメージで遊んでいました。
宿題とは関係ない、話がほとんどだったけれど、楽しく終わってよかったね♪


他に、宿題の漢字テストの練習も、書いたのはノートとドリル各1回ずつ。
そして翌朝に思い出す練習を自分で1回しました。

帰ってきてから「どうだった?」と聞いたら「まぁ、書けたと思う。」って言ってました。
また「間違いと言う宝物」を持って帰ってくるのが楽しみです♪

最近わからん帳の出番が少ないのは、
テストが帰ってこないからか?
ねえねが間違わなくなってきたからか?


先生・・・そろそろ随分前のテスト返していただけませんか?
まとめて切り貼りは大変なんだよなぁ・・・(ーー;)。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。