プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねえねのお雛さま

先日。

●ねえね「おかあさん。ねえねのお雛様いつ出すの?」

○母「あ・・・あぁ(マズイ!)、そうだねぇ、出してあげなきゃねぇ。」

●ね「ねえねが出す!何段飾りなの?」

○母「え???ねえねのお雛様は立ち雛だからお内裏様とお雛様だけだよ・・・。」

●ね「へぇぇぇえ!そうなんだ!」

○母「・・・ちょっと。毎年何を見ていたのですかあなたは!!!?」

●ね「いやぁ、知らなかった~。」


(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!

○母「え??知らなかった?!もう9回目のお雛まつりなんですけど!??毎年飾っているんですけど!??」



早速飾ってみる。



○ね「うわぁ~こんなお雛様だったんだぁ!!!松、竹、梅の絵だね♪鶴はないの?これ何でできてるの?」

●母「おめでたい絵が描いてあるよね~。鶴はないなぁ。背中にはフジが描かれているね。木でできてるよ。」

○ね「富士!やっぱりおめでたいねぇ♪」

●母「いやいや、藤の花。」

○ね「ああ、そうなの?きれいだねぇ~♪」

●母「このお雛様は、ねえねのばあばのお雛様と同じお雛様のお店に行って、お父さんとお母さんがねえねのために買ってきたんだよ。これがとっても素敵だったんだぁ~♪」

○ね「へぇぇぇぇえ~!!!お母さんのお雛様は?」

●母「7段飾りだったかなぁ?お母さんのばあばの家にまだあるよ♪」

○ね「へぇぇぇ~。本当にきれいだねぇ~(^0^)(満足げ)」



意識する力の弱い子だとは思っていましたが、
まさか、まさか!
今の今まで、自分の雛人形が木彫りの立ち雛ということも知らなかったなんて!!!

母、ショックで倒れそうでした(--;)

でもよかったわ。
9歳で気が付いてくれて・・・ふふふ。(遠い目)

ε-(ーдー)ハァ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。