プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おりがみで敗北

これまであまり興味を持たなかったねえねが、
最近おりがみに凝り始めました。

体操教室に新しく入ってきた一年生全員に、「入学おめでとう」とメッセージ付きで覚えたての「手裏剣」をプレゼントすると言って張り切っています。

そんなねえねを見て、なんだか母も温かい気持ちになっています♪

___________________________

今はそんなねえねと母ですが・・・。

幼稚園入園前や幼稚園時代に、ゆっくりと二人で折り紙を折ることはありませんでした。
ゆっくり、じっくり、ていねいに日々を過ごすことはなかったのです。

曜日によって育児サークル(当時3つのサークルに参加してました)へ出かけ、空いている日はお友達の家や公園に行って遊ぶ。
ねえねにとってもそれが良い事で、本人も楽しいだろうと思っていました。

我が家は転勤族です。
ねえねが10カ月の時から見ず知らずの土地で昼間一人で子育てをしていた私。
あの時の私にはそれが必要なことだったのだけれども、全くねえねのテンポを考えることなく自分の都合で動いていたんだよなぁ~と、自分を見つめ直してます。

あの時は楽しくやっているつもりでした。
全てよかれと思ってやっていたつもりだったのです。
それなのに進んでいった先は「なにかがおかしい。でもなにがおかしいのか分からない。」というねえねに対する違和感と出口の見えない迷路。
一生懸命になればなるほど、私の思い描く子ども像からズレていく娘。
この後、幼稚園入園とともに様々な困難が起こり始めたのです。

これについては、ただただねえねに申し訳なく思っています。

そしてそんな困難な中での年長さんのある時。
ある事がきっかけで、もう一度あの頃母娘でやり残したことのやり直しをしようと決心しました。

当時まだどんぐりには出会えていませんでしたが、
ねえねの満足回路を大切に育て、守る。
必要とされている時は何時間でも抱っこする。
悲しい時は寄り添って、本人が泣きたいだけ泣く。
ねえねと共にゆっくりと・・・。

でもこれがなかなか難しい(^^;)。
時々しんどくなるとラクな方へ気持ちが逃げてしまいます。

そんな山あり谷ありの毎日を送り、気づけばはや3年。
「あ、少し良い感じになってきたな。」と思えるようになったのはつい最近です。
スタートラインに這い上がるまで3年もかかった!?・・・ってことですよね(冷汗)。

まだまだ反省の多い日々ですが、何年かかっても取り戻せるように・・・。
今日もまたねえねと楽しく1日を過ごします。

_____________________________


で、折り紙なんですが。(前置き長っ!)

早速、おもしろそうな折り紙の本を手に入れてきました。
ねえねを誘うとノリノリで「やるやる~!」と、いつもは遅い支度をテキパキと終えすぐに着席(笑)。

「ケーキ」
「くちびる」
「くちばし」
「しゅりけん」
色々と一緒に試してみました♪


しかし衝撃の事実が発覚。


「母はねえねより折り紙が苦手である!」
一緒に同じものを折っていて、ねえねに「あれ?ここどうやったの?」なんて私が聞いてるし・・・。
(; ̄ー ̄A アセアセ



これは完敗です!( ̄▽ ̄;)!!ガーン


確かに思い当たる事があります。
お裁縫をしている時、まず布にどのように型紙をあてるか?というところを理解するのに、1時間以上本とにらめっこするワタクシ。
更に「これを縫ってひっくり返すとこうなるからこういう風に布を合わせて・・・。」なんて、裁縫の得意なお友達に口頭で教えてもらっても、イメージする事が出来ず頭から煙が出てきます。

私、イメージ力がかなり低いようです・・・ハラホロ~( ̄∇ ̄)~ヒレハレ。


ねえねは折り方は下手だけど私よりイメージ出来ている・・・。


そんなねえねに嬉しさ半分。
そんな自分に悲しさ半分・・・(TwT。)。

本日も折り紙の予習に励みます(笑)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。