プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月26日の宿題

4月26日の宿題。

<漢字>スキル2の単語1~5までをノートに1行ずつ。
<音読>好きなものを音読

________________________

今日は学校から楽しそうに帰ってきました。

しかし。

GWの予定について話していたら、自分が思い描いていたようにはならなかったために大泣き。
(GWはお預かりするwanとkikiを連れて一緒に海に行きたかったそうですが、江の島方面は大渋滞が確実なので私に却下されました)
色々代案を提案してみましたが、どうしても川や他の場所では嫌なのだそうです。

ねえねは一度自分の思い描いたイメージからは、なかなか方向転換をする事ができません(^^;)。
頭が固いというか・・・意思が強いと言うか。
この傾向は友達間でのトラブルの原因にもなるので少し気になっています。

経験上こういうときはもうどうしようもないので、本人の中で納得できて気持ちが落ち着くまでそっとしておきます。
結局、私が抱っこしながら本人の話をゆっくり聞いたあと、「お父さんなら良いアイディアがあるかもしれないから相談してみよう。」という事で納得しました。

我が家の3年生・・・まだまだこんな感じです。

________________________

今日の宿題は漢字なのでいつも通り大きく2回ずつ書きました。
母が作った文に漢字を書く、というものも提案してみましたが、

●ねえね「うーん・・・お母さんが作った文を読んでみて。」
●母「(文を音読)・・・こんなだけど、どうかな?」
●ねえね「えーとね、15点!あ、でもレオン君が出てきたからレオン君ポイントをつけて20点!」

と、点数をつけただけで「今日はやらない。」と言うので今日は止めました。



漢字を書き始めると、
●ねえね「ねえねは大きく漢字を書くのはとっても好き!お母さんがおもしろいから~!」



・・・たぶんこんな理由です。

ねえねのなかでは遊びとなりつつある漢字の書き取り。
母も相変わらず女優となり楽しんでいます♪

ねえねが素敵な漢字を書くと、
●母「うおおおおお!あんまり素敵な字だからお母さんに花丸書かせてぇ~!」
と、赤ペンを持ってノートを奪いに行く。
●ねえね「うわぁ~あ(嬉)。お母さんがくるぅ~!」(嬉しそう)
と言ってノートを持って逃げる。
→追いかけっこ開始。

小さい頃、かくれんぼをすると自分から思わずでてきちゃう子どものように、母につかまって花丸をつけてもらうのが嬉しくて面白くて、自分からつかまっちゃうねえね(笑)。
まだまだカワイイものです(* ̄m ̄)プッ。


他に「豆」という漢字を書くと、ノートの周りにカワイイ豆が遊んでいる絵をたくさん書いて楽しそう♪
どんぐりの習慣で思いついたらすぐに絵を書きたくなってしまうのね。
「落書きは止めましょう。」って、先生に注意されるかしら(^^;)。



こんな我が家の「宿題の時間」・・・です(^^;)。

が。
たまに「これって母としてどうなのかしら?」とも思います。

でも、なかなか楽しい我が家の「スキンシップの時間」で~す♪

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。