プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年10月28日の宿題

宿題をやりながらねえねが、

●「先生にね、みんな3行はやってるからねえねも3行はやってきてね、って言われたよ。」

○「は?!どういう事?」

●「漢字の宿題の事。」

○「え?みんな一行だけじゃなくて3行も同じ漢字を書いてきてるの!!!?」

●「いや、そうじゃなくて文の事。」

○「何の文よ。」

●「ほら、漢字を使って文章を作るでしょ?あれの事だよ。」

○「文を3行ぶんくらい長く書けって事?」

●「たぶんね。」



なんじゃそりゃ。



いったい、誰基準の宿題なのやら・・・。

3行の根拠は何???

みんながやってるから???

それとも先生が実際に宿題をやってみて、

3行書けば効果が上がると実証したから???




そこは子ども一人ひとり違うはずではないですか~?

ただなんとなく文を作ればいいのではでなく、
実生活と結びついた、生きた言葉のイメージを持てるように、
工夫する方が大事じゃないですか~?


その方が、思い出すための練習につながると思うんですけれど~。



以前のただ同じ漢字を何度も書く宿題よりは、
数段負担なく楽しめる宿題にはなりましたがねぇ・・・。

我が家では大きく1回書くだけで、何度も書く漢字の宿題はやってなかったけれど・・・。





久しぶりに呆れました。




と、言う以前に。
なんで聞いてきた本人が「たぶんね」なのよっ!
不確かなら「ぱーどんみー?」くらい言ってきなさ~い(笑)。





<追記>

で、結局どうしたのかを書き忘れていました(^^;)。

たまたま昨日から使い始めたのが一行6マス(!)の漢字練習帳だったので、
何も特別な事をしなくても3行くらいになってました・・・。

先生の意図するところとは違うけれど、ねえねが、
●「よーし、できたぁ!いぇいいぇい♪」
って言って楽しそうだったので・・・ま、良いか(笑)。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。