プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去ログメモ

>ストレス解消が読書だと言う息子に、友だちと外でいっぱい遊ぶことを求めるのは酷でしょうか。

●この年齢だと好みが育っていますので無理強いは無意味なストレス蓄積になる場合が多いので要注意です。

●視考力は何段階かあります。
1.視覚イメージの再現(言葉・文字・音・声などのトリガーとのリンク確認)とその再現性を高めること→理解
2.再現した視覚イメージの操作→思考
3.操作した視覚イメージを言動に結びつけるときに行う選択→判断(しかしながら、この時に正しい感情が判断を左右するようになっていなければなりません)
4.再現視覚イメージから感覚を再現して味わうこと
5.この感覚を何度も再現できるようにオリジナルのトリガーを作ること
などです。
※ここで、心配なのは思考までは机上の練習でもできますが、3.4.5が難しくなる(感じられない・感情再現できない)ということです。表面的には社会生活に支障はありませんが、自分の人生を楽しめない要因となります。再現した視覚イメージを感じること→感動すること→味わうこと→楽しむことが出来る、となるからです。

●できれば、上手に環境設定をして体で感じること、オリジナルの本当の自分の感情を意識的に感じることを自然の中ですることが健全な学力養成になります。早急に工夫すべきだと思います。
※本はいつでも読めますし、主体的な体験を重ねた後の方が味わえますからね。順番が逆だと同じ読書でも大損をします。
(2007年09月12日 11時02分02秒)



>嫌がらず楽しそうにし、また行きたいといいますが自主的にではないですよね。こんな感じでもよろしいでしょうか。
●ん~、微妙ですねぇ。「~遊び」と銘打ってする遊びである必要はありませんし、自分で工夫することが、工夫できる遊びでないと、ただ「何かをした」というだけになるんです。


>本を読むのがすごく早いです。内容が分かっているのかなと思いますが、ケラケラ笑っていたり、説明してくれたりするので読み方はこのままでいいのかしら。
●内容は分かっています。が、味わってはいないとおもいます。進化の過程でいうと<息抜き>でしかありません。ですから、本当なら、時間制限をしてでも本浸りにはさせない方がいいです。...12歳まではね。それ以降は読書三昧でも結構ですが、12歳までは「時間がもったいない」です。


(2007年09月12日 15時31分10秒)


●室内なら模型作り(プラモデルなど)も非常にいいんですけど...興味ないかなぁ。自分で工夫してする要素がたくさんあった方がいいんですよねぇ。 (2007年09月13日 18時01分46秒)

****************************


む、むむむぅ・・・。

困った。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。