プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆっくりと休もう!

新学期がスタートして2週間ほどが経ちました。
それぞれのお子さんが新しい環境で頑張っている時期だと思います。
我が家のムスメが何かと大変だったこともあってか、この時期は毎年ココロざわつきます。

「子供の事、理解しようとしてくれる先生かな?」
「新しいお友達となかよくできるかな?」
「遅れずに教室移動や着替えができてるかな?」
「給食、ちゃんと食べてるかな?」
「・・・授業が退屈でねてないかな?(汗)」
「めんどくさくて、単純50問計算を途中で放棄してないかな…(滝汗)」
↑ウチの娘は実際、1年生の時これをやりましたw 
2問目くらいでやめていましたwww 
今となっては笑い話ですが、先生に嫌味言われたっけなぁ~(^^;)

そんな色々がスタートと同時に日々押し寄せてくる学校生活。
先生の「好み」に合わせることに慣れるのも大変な事でしょう。
ついつい、路を往くお子さんたちの背中に向かって「がんばれー!…あ、いや。頑張りすぎないでね!」などと密かにエールと送りたくなる季節です。

本当に頑張りすぎるほど頑張ってるので、お家ではできるだけホッとできる環境を整えてあげてほしいですね。
それだけでも、「また明日学校へ行ってもいいかな?」というエネルギーを補充できるものです。
特別なごちそうや目の前に魅力的な餌をぶら下げる事が必要なのではなく、自分の中から湧いて出てくるエネルギーが自然と溜まるまでのゆったりとした時間が大切なのだと思います。
どうかどうか、この時期こそどのご家庭でも、ゆっくりじっくりを心に刻んで笑顔で過ごせますように…。

…とまぁ。
なんだか色々思うところを書きましたけれども。
なぜこんなことを書いたのか?
それは、高校生になってもこの問題に直面するからです!



がーーーーーん!




「高校生になってもそんなことがあるんかーい!」と、思ったアナタ。
私も同じように思いましたよ(--;)ホントに。
でも現実はそうじゃなかった。
実は入学後、学校から何度もこのようなことを言われたのです。


【以下、言われた内容をほーりーが意訳】

はいはーい。
生徒のみんな~、保護者の皆さーん、ご入学おめでとうね!
この学校に集まったみんなは、中学の時すんごく頑張ってきた子たちだと思う。
でもね、この学校ではその中で必ず1番からビリまで順番がついちゃうんだ。
で、毎年そのことで辛くなっちゃう子がいるわけよ。
根が真面目な子たちだから、4月までは本当~に頑張る。
でも連休明けには学校に来れなくなっちゃう子が多いんだよね。
毎年そうなんだけどさ。
自己肯定感がハンパなく下がっちゃうの。
で、何となく学校に来れなくなっちゃうの。

高校生って、鬱の好発期だって知ってるかな?
すぐに対応できれば何とかなることも多いんだけどさ、「高校生だし、自分で頑張るだろう」とか思ってほっておくと、むっちゃ予後が悪いからね?
ホントに。

親御さんたち、4月のスタートから頑張らせたりしてない?
春休みから塾行って先取りしてない?
学校いって、部活して、塾行って、課題やって…。
それ全部に完璧を求めるの、無理だからねwww

いや、もっと学校に慣れてきてからならわかるよ?
でも、今の時期必要なのはそれじゃない!
まずは学校に慣れる事。
ただでさえ、緊張して頑張ってるんだから、家でくらいゆっくり休ませてあげて。
子供を追い詰めるようなことは言わないであげて!

も一度言うよ?

各中学校でトップ層だった子たちが集まってるけど、この学校では必ず1番からビリまで順番が付くよ。
でも、大事なのは順番じゃないからね。
子供がどれだけ頑張って伸びたか。
親はその伸びを認めてあげてね。
ホント、お願いね。

【意訳ここまで】

ね?
高校でもこんな感じなんですよ。

学校のトップでいる事や良い点を取ることが目的でいると、それができなくなった時に心が折れちゃうのですね。
でも一方で、面白いから、楽しいから、知りたいからという動機とか、何か目標があってそのために勉強を続けてきていたら?
とりあえず順位は関係なく、さらに勉強するはずです。
もちろん、順位が良ければモチベーションは上がるけど、順位が下がって自己肯定感がダダ下がりで学校に行けなくなるようなことにはならないと思うのです。

上には上がいる。
自分が「天才」でもなければ当たり前の事ですよね。
でも、上がいても下がいても関係ない。
「自分はどうしたいのか?」
「そのためには何が必要なのか?」
「楽しいと心から思えるものは何なのか?」
指針は自分の中にあります。
その指針さえ忘れなければ、自分で考えて行動できるはずです。

長い事「どんぐり探し旅」をしてきて、これまでの事を振りかえって見渡せるようになってきました。
上手く言えませんが、先ほどの「指針」を持つためにも、育てる順番の大切さはつくづく感じます。
学校へ入学するとともにプレッシャーを感じる「勉強が完璧にできる事」が最優先ではない、ということは間違いありません。
巷で聞き覚えのある「この時期にこの能力を育てないと未来はない」というような呪いではなく、「その時期に大切にすべきものに気を付けて育てると、土台が揺るがず(親も子も割と楽していながら)次の成長にスムーズに繋がりやすくなると思いますよ」というような緩やかなものですが…。
まずは安定した環境と心があって、ゆっくりとした一見無駄な時間が好奇心を育て、心をもとに判断力を養い忍耐を学び、自分で判断と忍耐ができるようになってから、工夫して学び受験に立ち向かう流れの中で、「あの時に苦労したことは、今この力のために培ったことなんだな~」とか、「色々なことが織物の様に先へ先へつながっているんだなぁ~」と思います。

「じゃぁ、今何をすればいいの?」と思いますよね。
学年によってアドバイスは随分と違います。
が、この新学期が始まったばかりの「今」は全学年共通で言いたい!

とにかく、ゆっくりと休みましょう~!

親も子も、目の前の事だけで手いっぱいになる時期です。
何年も先の未来を想像して…などという暇はないかもしれません。
とりあえず美味しいお菓子とお茶でも用意して、子供と一緒にふうーっと肩の力を抜く時間を持つだけでも十分。
そのゆったりとした時間は、ちゃんと先につながっていますよ(^^)♪

ウチのねえねも受験の反動で、春休み中はこれでもかというほど思い切り遊びまくっていましたけれども、学校が始まったら自分なりに時間をやりくりして、高校生としての学習の工夫を始めたようです。
その工夫の原動力はもちろん「やりたい事(ゲーム・読書・部活・お友達とのおでかけ等)をやる時間を確保するために、やらなきゃいけない面倒な事(予習復習・宿題)は要領よく終わらせる必要がある」というものです。
分かりやすいですね~w
でも、自分のやりたいことのためなら頑張れるんですよ♪

新学期、あんなにココロざわついた頃が嘘みたいに、高校生ともなると自信にあふれ、随分と自由で逞しいものです(^^)。
うーん、まぶしぃー!

さーて。
我が家も美味しいお茶とお菓子を用意しておくことにします。

新年度もゆっくりのんびり、楽しくいきましょう!






スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。