プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生も山あり谷あり

今、ねえねのクラスは大変そうです。

新任先生が奮闘しているものの、一部の子どもとそりが合わないようで、
先生が何を言ってもその子たちは耳を貸しません。

最初は1人。
そのうち2人。
最近ではもっと多くなってきた様子です。

実はその最初の1人はとっても愛嬌があって面白い子です。
ま、ちょっとおふざけが過ぎるところはありますが、
私を見かけると声をかけてくれて、たわいもない話につきあってくれるような子です。
なぜそんな頑なになってしまったのか不思議でしょうがありません。

最近ではその子たちの指導のために授業が自習になってしまい、
他のクラスと比べて1単元遅れてしまっている教科もあります。

意欲のある子たち(主に女子)は中途半端に自習ばかりで当然不満。
指導される子たちにとっても先生に対する不満ばかりが募ります。
先生だって、寝る間も惜しんで考えても全く手ごたえがない日々に不満でしょう。

もちろんそれぞれの子どもたちの様子は心配です。
一方、先生もそれがお仕事とはいえ、煮詰まっていそうで心配です。
ねえねの話では、先日、先生が子どもたちの前で泣いてしまったそうです。

次の日には校長先生を筆頭に諸先生方が授業参観に来たとの事。
その間は、当然とってもお利口なクラスに変身(笑)。

うーん。
悪循環だなぁ~。

ここで更に他の生徒の親から、
「授業の進度が遅い」
「自習ばかりでどうなっているんだ」
「どんな指導をしているんだ」
更には
「なんでうちの子ばかり指導されるんだ」
などなど・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。

もしこんな事になったら、精神的にも追い詰められてしまって、
先生本当にパンクしてしまいそう。

実はねえねの学年は手のかからない事で有名(笑)。
他の学年から移ってきた先生が、
「全然違うんです!本当に落ち着いていて素直。みんなちゃんと話を聞いてくれるんですよ!」
と保護者会で感動される(実話)ような、比較的素朴で穏やかなのんびりした子たちなんです。
この子たちで右往左往していては絶対に高学年の担任は無理かと・・・(^^;)。


まぁね。
今の立場は「先生」だけれど数年前はただの学生だったんだもの。
すぐに子どもの事なんて分かるはずないですよ。
私だって何年かかってここまで歩んできた事か(笑)。
子どもを見て、感じて、子どもから学ぶしかないでしょうね。
どこかに載っているマニュアルでは無理だと思います。

本当に少しでもお役になてるならば、
人生相談に乗ってあげたいくらいです(´・ω・`)。

ただ、かえって先生にプレッシャーになりはしないかと思うと、
行動に移せずにいる母であります。
突然保護者に「相談のりまっせ!」とか言われてもねぇ(;´Д`)困るよねぇ。

うーん。
どうしたものか・・・。


スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。