プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩ましい上履き問題

上履き学校に忘れてきませんか?

金曜日だからみんな上履きを持って帰ってきているはずなのに、
なぜにうちの娘は昇降口で気が付けないのか・・・(がっかり)。

______________________________


去年の2学期の終業式。
朝、念を押したのにきっちり上履きを置き忘れてきたねえね。
さすがに長期休暇中、置きっぱなしではマズイと思い、
即、学校に戻って取ってくるように言いました。


下校後、学校に勝手に戻ってはいけないので、
念のため一緒に行き、

●母「職員室に行き、きちんと事情を説明して中に入れてもらうように。」

と言って、私は陰から見守っていると・・・。
職員室から対応に出てきてくださったのはなんと、校長先生!



ねえねの小学校の校長先生は本当に素敵な方です。
運動会の後片付けでも、Tシャツ姿で頸からタオルを下げ、自らリアカーを引き率先して行動されます。
休み時間などは校長室を子どもたちに開放して、色々な実験を見せてくださったり、何かを作ったり・・・。
子どもたちも大好きな校長先生です。
ちなみに私も大好きなんです(^^;)ははは。
常に子ども目線で、子どもに寄り添って様々な事を考えてくださっている様子がうかがえます。
こんな校長先生なので、ねえねの姿を見てすぐに出てきてくださったのでしょう。



校長先生の了承を得てから、昇降口へ上履きをとりに行ったねえね。
戻ってくるのを確認してまた校長先生が気にかけて外へ出てきてくださいました。

さすがにこれはご挨拶しなくては!と思い、

●母「どうもお騒がせしました、ありがとうございました。」

と、お礼申し上げると、

◎校長先生「いえいえ、良かったです。どうぞ良いおとしをお迎えください。さようなら。」

なんて、かえって丁寧なご挨拶をいただいてしまいましたよ(^^;)。


いやぁ、恥ずかしかったわ~。

ねえねが忘れた上履きの話じゃなくて、

もっと何かこう、有意義なお話をさせていただきたかった!

そんな残念な終業式でした。

_________________________________



しかしこんな事があっても、ねえねの上履き忘れはなかなか治らず・・・。

他の物については最近あまり忘れることはないようなのになぁ。

いや、もしかしたら本人が大騒ぎして困ってないから、
私が知らないだけなのかもね(^^;)。

次の日の予定を書き忘れても、
黙って全教科の教科書とノートをランドセルに詰めるねえねですからね(笑)。
そんなねえねの様子の記事はこちら





何とか本人に気付いてほしくて、朝登校前に声をかけたり、メモを筆入れや鞄に張り付けてみたり。
色々と試してみましたが、どれも決定打にはなりませんでした。

その時は気づき「分かった」となるけれども、その注意が継続しては行かないのです。
子どもはそういうものかもしれませんが、親としてみればやはり心配です。

「周りのお友達が上履きを袋に入れているのに、なぜあなたは気が付かないのか???」
と、他の子と比較してしまい、ついその失敗を責めてします。




でも、気が付けないものはしょうがないですよね(笑)。
気がつけていたら持ってきてるだろうし。
気が付けないから持ってくるのを忘れるんだもんね。




そうこうしているうちに、いつの間にか私も、
まぁ、上履きを忘れたところで誰かが困る訳でもないし。
ねえねが「洗ってない上履き汚い!気持ち悪い!」と感じれば自分から持ってくるかなぁ。
と、諦めた大らかな気持ちになって行きました。

ただ、
「洗ってないと醸されて臭くなるよ~。」(「もやしもん」が好きな娘に言うと喜ぶ♪)
「洗った靴はきれいで気持ちいいね~♪」
事あるごとに「きれいな上履きは最高!」という姿をねえねに見せ、伝えることは続けました。




そして3年の1学期。

ひょんな事からねえねは忘れなくなったのです!!!

長くなったので次回へ続きます♪

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。