プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

0mx03 くらげのうみ

昨日の記事で書きましたが。

ねえねは4問中3問間違えました(--;)。

それを伝えると、どうやら決まりが悪かったようで、

●ねえね「ねえねもお母さんの○付けしたい!どんぐりやろう!」

と言いだしました。


それならば、と言う事で一緒にどんぐり問題を解く事に。

問題は0mx03の「くらげのうみ」の問題です。

●ねえねは年長問題をぬかしているので、今なるべく傑作年長問題をやろうと思ってえらびました●

___________________________

ここはくらげのうみです。
まいにちたくさんのくらげがあつまってきます。
きょうはきのうよりも5ひきおおいようです。
きのうのくらげは6ぴきでした。
あしたもまた、きょうとおなじかずだけふえるとすると、
あしたのくらげはなんびきになるでしょう?
___________________________

ここはくらげのうみです♪


0mx03-2.jpg
きのうの海に、くらげさんが沢山集まってきています。
そんなくらげの海に、ダイバーさんが袋を持ってやってきました。
ダイバーさんが珍しいのか?くらげさんが集まって注目しているようです。



そしてこちらは今日の海。

0mx03-3.jpg
ダイバーさんを更に多くのくらげさんが取り囲んでいますね。



その日の夜。
0mx03-4.jpg
ダイバーさんは明日は何匹のくらげさんが集まるのか考えて、
餌の袋にくらげさんの数だけ餌を入れようとしています。



そして明日の海。
ダイバーさんの数えたとおり、くらげさんが集まって、
みんな餌を貰えたようです♪

0mx03-5.jpg
くらげがタコになった訳ではありません(^^;)。
くらげさんが餌を咥えているそうです。

みんなえさを貰えてよかったね♪


さて、次は母のノートの添削だ(^0^)。
ねえね、頼んだよ~!


つづく
スポンサーサイト

計算ミスをなくそう!

昨日はねえねにとってがっかりが多い一日でした。
今にも泣きだしそうだったので、

●母「今日はねえねの好きなヒレカツだよ!元気出して!」

と、励ましてみましたが、

○ねえね「食べ物と遊びたい気持ちは別だからあんまり・・・。」

と、言われてしまいました。
思ったより複雑で難しいものです(笑)。

______________________________

最近筆算のミスが多い事は何度か書きましたが、
対策として1日4問程、色々な種類の筆算問題を混ぜたものを、
丁寧に漢字練習帳(「最初に選びたい学習方法」参照)にやっています。

なぜ色々な問題を混ぜるのか?

これは理由があります。

学校の筆算プリントは単元ごとにまとまっていて、
最初から最後まで足し算なら足し算ばかり、
引き算なら引き算ばかりを、何も考えずに作業すればよいものです。

ねえねのように意識しにくい子どもはここまでは良いのですが、
まとめのテストになるとほぼ間違いなく引き算を足し算したり、
足し算を引き算したりしてしまいます。

また、ここに小数の筆算が入った場合、
これまたまちがいなく小数点を書き忘れます。

・・・お約束です(^^;)。


この時に利用する問題は、「学校用わからん帳」に入っている問題です。

●わからん帳●
わからなかった問題や、間違えた問題を切り抜きノートに貼ったもの。
自分の弱点がわかる、最高の参考書となるお宝ノートのこと。


一度間違った問題は、何度でも同じ間違いをします(笑)。

これは驚きですよ。
わからんちょう恐るべしです。

丁寧に意識する練習♪
一問一問、これは何の問題で、どのような作業が必要なのか?
文章問題では、何を聞かれていて、答えの単位は何か?
最初に自分で確認してから、丁寧に計算を行うのが目的です。



おととい。

いつものように問題を式で書きねえねに渡したところ、
あっという間に「終わった~!」と言っていたねえね。

後で○付けをしようとすると何とビックリ!

4問中3問まちがえとるやないかーい!!!


①586×7


  586
 ×  7
________
 1102


②187×23


  187
 × 23
_______
  561
 364
_______
 4201


③6.2-3.4


  6.2
  -3.4
_______
   2 8



ナンテコッタ(´Д`|||) ドヨーン




ゆっくりじっくり丁寧にが身につくまでにはまだまだ時間がかかりそうです。


つづく

ナゾ実験ちゅう

洗面所で、除湿機のうえに変なものが乗っていました。



一番下には雑巾。

雑巾の上に、アイロンビーズを並べるための、突起が沢山ついた透明な台が2枚。
突起を向き合わせて重ねられています。

そして2枚の間は濡らされたらしく、水が挟まっています。
ビーズの台の裏(一番上)にもこぼれない程度に水が張られてます・・・。


          水
  [------------] ←アイロンビーズ台
          水
  [------------] ←アイロンビーズ台

  ~~~~~~~~~~~~~ ←ぞうきん
      ↑  風  ↑
 |----------------------------|
 |          除湿機        |



こんな感じ・・・。



何の実験なのかなぁ・・・?

除湿機に水が入ったら嫌だなぁ・・・。

これ水が乾いたら、塩素成分が白ーく残るんだろうなぁ・・・。

勝手に片付けたら、ねえね怒るだろうなぁ・・・。



どうしようかなぁ(--;)。

ねえねのお雛さま

先日。

●ねえね「おかあさん。ねえねのお雛様いつ出すの?」

○母「あ・・・あぁ(マズイ!)、そうだねぇ、出してあげなきゃねぇ。」

●ね「ねえねが出す!何段飾りなの?」

○母「え???ねえねのお雛様は立ち雛だからお内裏様とお雛様だけだよ・・・。」

●ね「へぇぇぇえ!そうなんだ!」

○母「・・・ちょっと。毎年何を見ていたのですかあなたは!!!?」

●ね「いやぁ、知らなかった~。」


(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!

○母「え??知らなかった?!もう9回目のお雛まつりなんですけど!??毎年飾っているんですけど!??」



早速飾ってみる。



○ね「うわぁ~こんなお雛様だったんだぁ!!!松、竹、梅の絵だね♪鶴はないの?これ何でできてるの?」

●母「おめでたい絵が描いてあるよね~。鶴はないなぁ。背中にはフジが描かれているね。木でできてるよ。」

○ね「富士!やっぱりおめでたいねぇ♪」

●母「いやいや、藤の花。」

○ね「ああ、そうなの?きれいだねぇ~♪」

●母「このお雛様は、ねえねのばあばのお雛様と同じお雛様のお店に行って、お父さんとお母さんがねえねのために買ってきたんだよ。これがとっても素敵だったんだぁ~♪」

○ね「へぇぇぇぇえ~!!!お母さんのお雛様は?」

●母「7段飾りだったかなぁ?お母さんのばあばの家にまだあるよ♪」

○ね「へぇぇぇ~。本当にきれいだねぇ~(^0^)(満足げ)」



意識する力の弱い子だとは思っていましたが、
まさか、まさか!
今の今まで、自分の雛人形が木彫りの立ち雛ということも知らなかったなんて!!!

母、ショックで倒れそうでした(--;)

でもよかったわ。
9歳で気が付いてくれて・・・ふふふ。(遠い目)

ε-(ーдー)ハァ

ねえねの理由


ねえねは今度、学年の音楽発表会があるそうです。

合唱を1曲。
合奏を1曲。
いろいろな楽器を使ってクラスごとに発表します。

大太鼓。
小太鼓。
オルガン。
シンバル。
木琴。
鉄琴。
リコーダー。
鍵盤ハーモニカ。


我が家のねえねは、何を選んだのかしら?



●ねえね「ねえねは楽器が苦手だからね、指揮者に手を挙げたんだよ。
     よかった~指揮者に決まって♪」

なるほど~。
そういう理由で決めたのかぁ~!



●ねえね「先生が曲の最後を変えてね、すんごくカッコよくなったんだよ~!」

●ねえね「こんな風に指揮するの!こんな風に!!!(身振り手振り付き)」

毎日、練習の様子を嬉しそうに、楽しそうに話してくれます。
もし楽器に決まっていたら、毎日嫌そうにしていたのかなぁ(^^;)。



みんなそれぞれ、自分の得意な事で頑張れたらいいね(^0^)♪




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード