プロフィール

ほーりー

Author:ほーりー
どんぐり卒業後の娘の、その先の日々を見守っています。
このたび無事に志望校に合格し、受験生を卒業しました~♪
2017年春からは高校生です(^^)ノシ

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごあいさつ♪

ようこそ!

ご訪問ありがとうございます。

2014年の3月でどんぐりを卒業したわがやの娘。
2014年4月から中学生となり、また新しいあれやこれやてんやわんや(死語w)な生活が始まりました。
更になんやかんやあって、中学2年生3月をもって、このブログも一区切り。
そこから1年間積み重ねたものを持って、全力で勝負をした結果、2017年3月、無事志望校へ合格いたしました。(←イマココ)
4月からは夢と希望溢れる高校生です♪

そんな経緯の中で、ほそぼそと書き溜めてきたのがこのブログ…となります。

私がこれまで繰り返し失敗し、感じ、学んだことがいくつもあります。
そのなかで、特に必要性を感じたのは「子供をよく見ること」と「子供に合った工夫をすること」、「自分の指針を持つこと」です。
「学校(周囲)の基準」「世間の定説」を検証することなく、わが子のテンポを感じることもなく、ただ周りに合わせよう合わせようとしていませんか?
周囲に合わせることが目的になっていませんか?
「同じ」であることで安心していませんか?
それは、子供にとって本当に必要なことですか?
ある事を「させたい自分」と「やらない(できない)子ども」。
「やらない(できない)子供」を一方的に責めますか?
やり方に問題があるのではないですか?
失敗を恐れるあまり親が先回りして、子供が幼いうちにおおいに失敗し試行錯誤し、成長するチャンスを奪っていませんか?
できないことを責める前に、どうしたらできるようになるか一緒に考えてあげましたか?
もっと、親も子も気持ちをラクに楽しく過ごせる方法はありませんか?
子供を泣かせ、傷つけてでも、「させたい自分(親)」が絶対に譲れないことって何でしょう?

どんぐりに出会う前、私はこれらの事をすべて経験してきました。

「同じ」であることに安心を求めました。
子供のテンポは無視しました。
思うようにならない時には怒鳴り、子供を泣かせました。
学校の基準に合わせようと、先生の言う事を検証もせず鵜呑みにしました。
できないことを、本人の努力が足りないからだと責めました。

ある時から、これらの事は私の中ですべ否定されています。

まずは自分の心と向き合い「本当に必要なものってなんだろう?」と、自分の考えを整理する所からスタートです。
╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

どんぐりでいいんです。
でも、どんぐりじゃなくてもいいんです。
どうせやるなら、子供の笑顔を指針に、親子そろってゆっくり楽しい学校生活を送りましょう。

今、学校や勉強、お友達や先生との事でつらい思いをしているお子さんが、少しでも気持ちが楽になりますように。
「つらい」と感じているお子さんを見て何もできず涙を流している親御さんたちにも、思うようにならない子供を見てイライラしてつらい親御さんたちにも、なんらかのヒントとなりますように…。


このブログは、とある親子の旅の記録です。






最新の記事はずっと下の方にあります

●「なるほど~」と思う参考資料●
どんぐり倶楽部のHPや過去ログを読んだことのある方は特に、どこかで見た、どこかで聞いた、どこかで問題になってた!という内容が出てきて、読んでいて飽きません。
大学の先生方も、ひしひしと子どもたちの「異変」を実感しているようです。
以下引用。

「(前略)大学での数学の教育といいますのは、ある程度抽象的な能力を身につけているかどうかということが、まずキーポイントになりまして、それは授業をやれば、はっきり目に見えますが、10年前から従来の形での授業ができなくなっています。それからもう1つは、大学入試の答案を見ておりますと、ここ十数年、特にここ5年以内、すさまじいまでの学力低下が見えてまいります。(後略)」

長いですがぜひクリックして読んでみてください。

【参考資料】教育課程部会(第2回) 議事要旨


+++下にこのブログの抜粋記事へのリンクがあります。+++


↓こんなふうに「(かぎかっこ)」の中のタイトルをクリックするとその記事に飛ぶことができます。

●レオンくんは「うれしいとあかるい さびしいとくらい」んです。ひみつですよ♪
「レオンくんの『ひみつノート』」
         ↑
      ここをクリック!



抜粋記事を読む方は<続きを読む>をクリックしてください。

↓   ↓   ↓

続きを読む

スポンサーサイト

娘が好きな本

娘が繰り返し読んでいる、大好きな本メモ

「よいこへの道」
面白い!
この本で笑えるか、笑えないか…大人が試されている感じがします。
まぁ…「よいこへの道」ではありますが、教育上ごにょごにょ…ですので、あしからず(笑)。
特に、ちょっと学校で真面目に頑張りすぎている小学生と一緒に読んで、がははと笑いとばしたくなる本です(^^)。

「はじめての落語101」
家族そろって落語、大好きです。
自分が学生のころ、勉強中によく落語を聞いていましたので、「落語を聞いてると集中できるよ~!」と勧めてみましたが、娘からは「落語では全く集中できない!」と断られました。
なんでかなぁ~(・ω・)?

「よーするに医学絵本」
大好きな「あらしのよるに」を書いた、きむらゆういちさんの本。
我が家の本は、なんとサイン入り!ふふふ。
きむらさんの本だけがずらーっと沢山並んでいる中から、娘が選んだのがこの一冊でした。
大人もハマる楽しい本です。

「まんが日本の歴史人物事典」「まんが世界の歴史人物事典」
「え?なんでそんな人の事を知ってるの!?」と、思ったら、この本を何度も読んでいたらしい。

「ハリーポッター」シリーズ
まぁとにかく大好きで、何回・何周読んだかわかりません。
でも映画は怖いらしく、自分からすすんでは見ない…自分だけのイメージを大事にしたいタイプ。

「パーシージャクソンとオリンポスの神々」シリーズ
ギリシャ神話沼への道はここから…(^^;)。
(「聖闘士星矢」世代としては、ちょっと世代間格差を感じます。寂しい…w)
シリーズで日本語訳されていない本があるらしく、「どうしても読みたいけど、自分で訳せるかな~?」と塾の先生に相談してみたり。

「理科事典」
何か分からないことがあると、よく開いています。
親なんかより、よほど頼れる1冊w
定価だとかなり高いので、お手頃価格の普及版を買いました♪

「マンガで覚える元素周期  元素くん118人の性格が分かる、見える、 好きになる
とにかく、娘には大ウケした本。
今から元素に関する学習が待ち遠しくてしょうがないらしいです、ハイ。

●季刊「理科の探検」
捨てることが許されない(汗)、科学雑誌…。
簡単な内容から専門的な話まで幅広く載っています。
最初は自分用に本棚に入れておいたのを娘が見つけ、鉱物の写真が綺麗で眺めはじめたと思ったら、いつの間にか興味の赴くままに読んでいたようです。たとえその時意味が分からなくても、学校で学習して「そういえば、あの記事はこのことか~!」と気づいた後に読むと、また大変に面白いそうですよ。
理科好きさんには長~く楽しめるお得な雑誌です♪
捨てられないけどね…(--;)。

こうして振り返ってみると、やはり理科系の本が多いな~w
それと、ホントに図書館様様です。
ありがたいありがたい。
彼女にとって図書館・図書室は第二の我が家…かも(^^;)。
(家でゴロゴロするのが大好きな彼女ですが、本に関係する場合だけはフットワークも軽く一人で出かけていきます)

漫画は多すぎて、ここには書き切れませんw
が、どちらかと言えば「昭和の香り」のするギャグ漫画やコメディ系が大好きです。
「ドクタースランプ」とか「うる星やつら」とか、「動物のお医者さん」とか、川原泉さんの漫画とかw(←当然、親の影響)


とりあえず今回はここまで。

もし、こんな↑種類の本が好きなうちの娘に、何かおすすめの本がありましたら是非ご紹介いただきたく♪
(^^)♪

【参考記事】より速く適切に学べる人、その理由:ほめ方の研究

こちら、興味深い記事でしたのでメモ♪
「より速く適切に学べる人、その理由:ほめ方の研究」(wiredさんの記事より)
(リンクは張らないので、興味のある方は検索してみてください)

以下、記事より一部抜粋
******************************

サミュエル・ベケットは適切にもこう言っていた。
「試してみたら失敗した。それがどうしたというのだ。もう一度試せ。もう一度失敗し、よりよく失敗するのだ」

******************************




【参考記事】「ずるい」は我慢のサイン(追記アリ)

今、子供の「苦手なこと」で学校との調整に悩んでいる方におすすめの記事です。


ドクター本田のにじいろ子育て(山梨日日新聞電子版より)

<32>「ずるい」は我慢のサイン


タイトルをクリックすると本文に飛びまーす。


【追記】
娘が2~3年生の頃の宿題は、先生に了承をとって量を調整し、100ます計算プリントは裏に△計算を貼り内容変更、ドリルなどは1~2問を選んでやる形に、漢字は漢字ノートに大きく書く(1ページに6字)等していました。

そんな話を娘が友達の間でした時に、やはり「いいなぁ~。うらやましい。」という感想がでていましたね。
でもお友達は、「お母さん」である私が率先して認めているという事も知っているので、宿題をやらない事で特にトラブルになることはありませんでした。
そのお友達が言っていた「どうせうちのお母さんはそういうの認めてくれないから。」という言葉が重いです。

「させればさせるほど良い」という勘違いはどうにかならないものかと、子供たちを見ていて感じます。
どうにもならないけれど、どうにかしてあげたいと感じる子供も多いです。
「学校が辛いだろうなぁ。授業を聞いているだけでしんどいだろうなぁ・・・。」と。

子育てに必要なのは、大人からの一方的な仕打ちに耐え続けるなどという「根性論」ではなく、子供にとって本当に必要なことを見極めるための「理論」だと改めて思います。


【参考】「すごい物を見てもへこたれない人」

ステキ!

はてなダイアリーより
「すごい物を見てもへこたれない人」

タイトルをクリックすると、はてなダイアリーに飛びます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。